BASHAR 2017はスピリチュアルとノンデュアリティの両方の視点から語ってくれる

バシャール(BASHAR)の本は、一番最初の自費出版の本を買ったのが初めてでした。
その本はワープロで印刷した横書きのページをそのまま印刷したもので、製本もガタがあったりするという手作り感いっぱいの本でした。書店で、内容も良く読んでないのに、強く惹かれて買ったのを今でも鮮明に覚えています。

製本は素人が作ったかのような本でしたが、書かれている内容は製本の良し悪しなど関係なく、読むごとに引き込まれる内容でした。

最初の本から、約30年が経って最新のバシャールのチャネリング本が出ました。
装丁は、最初の自費出版の時のデザインを踏襲(とうしゅう:過去のデザインを引き継ぐ)したものです。なので、私にとっては懐かしいデザインです。

読んでみると、私自身がこれまで歩んで来たスピリチュアルとノンデュアリティの両方をバシャールなりに分かりやすく解説してあり、バシャールが見ていたのはこの世界だったのかと感心します。

バシャールが語る内容は、スピリチュアルとノンデュアリティの両方を経験した人にとってはとても分りやすいのですが、私たちの日常感覚とは異なった視点から見た説明になるので、ピンと来ない人も居るかもしれません。

それでも、この本に書かれている内容を読んでおくと、ノンデュアリティの一瞥体験などが起きた時にそれが真実だったということを理解できるので、一度読んでおくことをお勧めします。

書名:BASHAR 2017 世界は見えた通りでは、ない バシャールが語る、夢から覚めてありありと見る、世界の「新しい地図」。
著者:ダリル・アンカ、喜多見龍一
出版社: ヴォイス (2017/11/8)
ISBN-10: 4899764707
ISBN-13: 978-4899764700
価格:¥ 1,944(税込)
Amazon:リンク


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

4月の新型コロナウイルス対策の遠隔ヒーリング
緊急事態宣言が解除され、第四波が心配される状況です。そのため、新型コ…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. hiromi より:

    八雲様
    思わずアマゾンで購入し読んでみました。バシャールという存在は初めて知りにわかに信じがたい感じはしましたが、話している内容がまたものすごく興味深い!!
    1つ分からなくなってしまったのですが、前世のテーマというのは自分の魂の成長のためのものだという考えがあります。それとこの本でバシャールが話していた「過去~現在というリニアな思考は意識の副作用。本当は一瞬一瞬が新しいもので、過去に何があったではなく一瞬一瞬をを精一杯生きることが大事」というような内容は、矛盾しているように感じてしまうのですが、どう捉えればいいでしょうか。

  2. 八雲 より:

    > hiromiさん

    これは、どちらの視点(スピリチュアル、ノンデュアリティ)に立つのかということが重要です。

    映画のフィルムに例えるなら・・・

    スピリチュアルな視点というのは、映画のフィルムの1コマ1コマの中を渡り歩くことで、過去生・現生・来生という捉え方をします。

    ノンデュアリティでは、同じ映画のフィルムを上から眺めるという視点になります。過去生・現生・来生という1コマ1コマが全て同時に今という瞬間に見えている事になります。

    同じ映画のフィルムをどの立場から見ているのかが違うだけです。
    なので、話す相手の理解がどの立場なのかによって説明が異なります。

    バシャールは、基本的にはノンデュアリティの立場なのですが、Youtubeなどで見ていると相手の理解度に合わせた説明をしますので、同じことを異なる角度から説明すると、一見すると矛盾しているように見えることがありますが、彼の中には矛盾はありません。

  3. hiromi より:

    ありがとうございます。
    どっちに立つか視点の違い、八雲さんが時々おっしゃるところですね。
    バシャールは並行した違う現実に移ると(実感が湧きませんが)、過去さえも変わるといっています。そうなると過去のカルマはなくなるということでしょうか?
    そうできたらこんなに良いことはないのにと思ってしまいます。

  4. 八雲 より:

    > hiromiさん

    過去さえも変わるのは事実です。
    それを理解するための前提条件として、「起きることは全てニュートラルである」、があります。
    バシャールのこちらの動画が参考になります。

    人生はすべてあなた次第!あるのは「あなたの創ったあなたの現実のみ」
    https://www.youtube.com/watch?v=Pfr309Lx8cA

    ポイントは、起きることには「意味が与えられていない」です。
    起きた事にどういう意味付けを与えるのかは、あなた次第であるということです。

    それ故に、意味付けを変えるなら、過去に起きた事も変わるのです。

  5. hiromi より:

    ありがとうございます!八雲さんがいつもおっしゃっていた「起きていることに意味がない」「ワクワクすることをしたほうがいい」ということが腑に落ちた気がします。ワクワクした感じと直感をキャッチしていきたいと思います。

テキスト・画像のコピーはできません。