スピリチュアルを旅する

サブタイトルに、「スピリチュアルを旅する」と書いていますが、色々とわかってくると、スピリチュアルというのは知識で語るものではなく、実体験こそが重要であるとわかってきます。
なので、「旅する」という言葉になります。

旅というのは、実際にその場に行って感じること、体験することこそが重要で、グーグルマップとかで、その場の情報だけを見ても、それは単なる知識であって、実体験ではありません。
知識は、しょせん知識でしかなく、実体験の方が重要です。

「神様はいるのか?いないのか?」というのはよくある議論ですが、私の場合は実体験があるから「神は存在する」と自信を持って言うことができます。しかし、これが知識だけだと、あいまいなことしか言えなくなります。

世の中には、スピリチュアルな世界を知識だけで議論している人を見かけることがありますが、スピリチュアルな世界というのは、突き詰めて言えば「実体験」の世界なので、知識だけで議論した場合、そこに起きることは、人間の知識レベルの議論であり、真実の追及にはならなくなってしまいます。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。