地球ヒーリング、満月と春分のヒーリング

地球ヒーリング、満月と春分のヒーリングを行っていますが、興味深いのは、これらのヒーリングを行っている時間帯は地面の揺れもなくとても静かであるということです。

これは、ヒーリングを行うということ以上に、人々が「地球と人間がワンネス」つまり、物質的に見れば別々の存在であるが、エネルギー的に見れば一体の存在であるということをベースに活動することが如何に重要であるか、ということを示唆していると思えます。

コメント

  1. はぁぷ より:

    19日(土)の遠隔ヒーリング開始の
    19時前後には、
    茨城県北部を震源地として、
    M6.1の地震がありました。
    今回は、
    「これらのヒーリングを行っている時間帯は地面の揺れもなくとても静かであるということです。」
    といえるかどうかは微妙なところ?
    ご見解はいかがでしょうか。
    ところで、この時は東京でも震度4との観測があったようですが、
    八雲さんはこの時間は東京にいらしたのでしょうか。
    この震度で、ヒーリングを行い続けていたというのは
    さすがですね。[E:confident]

  2. 八雲 より:

    ずっと、東京に居てヒーリングをしています。
    19日の地震は気象庁による正確な時刻は、19日18時56分であり、ヒーリングを開始する4分前です。
    19時以降のヒーリング実施している時間帯では揺れていません。

  3. はぁぷ より:

    19時以降のヒーリング実施している時間帯では揺れて
    いなかったのですね。
    よかったです。[E:note]
    私のところは19時以降も少しの間ですが、
    揺れていたので。
    時間前とはいえ、直前の揺れにも動じずに
    予定通りの実施さすがです[E:sign01]
    今日、明日、よろしくお願いします。[E:confident]

テキストのコピーはできません。