日食と月食で始まる2018年後半

2018年も半ばに来ましたが、今年の後半は日食と月食で始まります。

西暦2018年 平成30年
現 象
日付
日本時間
食が見られる地域
部分日食
07月13日
10:48 – 13:13
南極、南オーストラリア
皆既月食
07月28日
03:24 – 04:23
日本全国で見られる
部分日食
08月11日
17:02 – 20:30
北極、北ヨーロッパ

日食と月食は約2週間の間を置いて対(つい)で起きるもので、新月=日食、満月=月食の関係がありますが、8月の新月も日食になるのは、ちょっと珍しい現象です。

また、7月13日の部分日食の時間帯は、ホロスコープで見ると天空に六芒星が現れます。

詳細については、別記事で書きます。