日食と月食で始まる2018年後半

2018年も半ばに来ましたが、今年の後半は日食と月食で始まります。

西暦2018年 平成30年
現 象
日付
日本時間
食が見られる地域
部分日食
07月13日
10:48 – 13:13
南極、南オーストラリア
皆既月食
07月28日
03:24 – 04:23
日本全国で見られる
部分日食
08月11日
17:02 – 20:30
北極、北ヨーロッパ

日食と月食は約2週間の間を置いて対(つい)で起きるもので、新月=日食、満月=月食の関係がありますが、8月の新月も日食になるのは、ちょっと珍しい現象です。

また、7月13日の部分日食の時間帯は、ホロスコープで見ると天空に六芒星が現れます。

詳細については、別記事で書きます。


この記事を書いた人について:

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルの論理的な説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドは沢山のサポートを得ています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
対面カウンセリング:リンク
Zoomカウンセリング:リンク

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
ブログトップ:リンク

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
遠隔ヒーリング:リンク

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。