2009年07月07日 半影月食

以下は、2009年1月24日に発行した、「2009年を展望する 天体の動きから読み取る一年」からの抜粋です。

※2009年07月07日 17時38分~19時45分 東南アジア、オーストラリア、アメリカ中西部

Le2009jul07ns
http://eclipse.gsfc.nasa.gov/LEplot/LEplot2001/LE2009Jul07N.GIF

今年の月食はいずれも、半影月食であることが特徴です。ちょうど昨年の日食が地球の南極と北極に影響したように、今年は、月が地球の半影の南と北をかすめていきます。
月が地球の影をかすめるということは、昨年から今年にかけての変化のような目立つ力ではなく、月特有の目立たない力の影響が強いのが特徴になります。
そのため、変化は表面的なものだけでなく、底流的な変化になっていくことになります。
これは、社会の基本的な構造や底流に流れる考え方・思想面が、一見すると見えない形で変化を引き起こして行きます。

テキスト・画像のコピーはできません。