書籍の記事というと・・・

お勧めの書籍を紹介していますが、今回は例外です。

Tps
なぜかというと、上記の書籍には、私の提唱する(新)東京五社の案内記事が冒頭にあるのですが、その記事の情報源がどこであるかは書かれていません。
しかし、そのページの内容をよく読んでみると、私の昔のブログの記事をそのまま流用していることは明白です。

その場合、うちのブログを参考にしたと書籍中に書いてるならば、引用という範囲になるので、特に問題視はしないのですが、この書籍の場合、五社の位置関係の図とか、東京大神宮から巡るのがいい、など書籍に書かれている内容を見ると、私の昔のブログ記事をそのまま流用していることは明らかで、しかも情報源がどこなのかは書かれていません。
ただ、この場合、東京五社として紹介している私の記事が、著作権上の権利になるのかというと、微妙なところがあります。というのも、五社の選定とその巡り方においては、著作権の対象になるのかどうかは、現時点ではグレーゾーンになります。

ということで、私が気にしているのは、書籍を作成したときの、「情報源に対する敬意」があるのかどうか、ということです。

私の場合、(新)東京五社についても、単に地図上で見つけたということではなく、実際に各社を巡って、さらに結界を張ってみた結果として、みなさんにおすすめできるということで紹介しているので、紹介に至るまでの間に、労力や調査といったことが存在しています。
上記の書籍では、私の情報に限らず、他の記事を見ても、そういった「情報源に対する敬意」がなく、単に情報をコピーしているだけというのが、私の印象です。

この点については、いずれ出版社に問い合わせしたいと思っています。

こういった事柄に対しては、情報というのはシェア(共有)することが大事であるということが言われることがあります。それについては、私も同感です。
ただ、その情報をシェアするときに、その情報がいかにも「私が見つけた」というスタンスで語るのではなく、情報を「見つけた・あるいは創造した人に敬意を払う」ことが大切であると考えています。

というのも、我々の現在の生活を支えている、科学的な成果や、文化的な成果というのは、過去にそれらを創造・発見した人たちの上に成り立っています。
なので、その成果を使うという時に、過去にそれらを創造・発見した人たちに、自分ができる範囲で敬意を払うのは、情報を使うという立場において重要であると思っています。

そのため、私のブログの記事では、ある情報について書くときに、その情報源が自分のものではなく、誰かが創造・作成したものである場合は、どこの誰であるのかについては、出来る限り表記をするように努めています。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。