民主党代表選結果

民主党代表選が新月であったということで、日食のときの政権交代と同じように、今回も以外な人が選ばれるという結果になりました。

ただ、今回の以外な人というのは、単に世論的に人気がある人ではなく、民主党の中でも「胆の据わっている人」が選ばれたという点では、結果的にいい方向に行ったと思っています。
というのも、民主党代表戦の演説の内容でもわかりますが、海江田氏の場合は自分自身の実力ではないところで票を集めているので、結果的にリモコン内閣となって政治的混乱が続く可能性が高いのですが、野田氏の場合は胆が据わっているので、現在の日本が陥っている状況を考えると本来すべき政治に近いことが行われると思います。

ただ、その内容が国民に多少の痛みを求める内容になることでもあるので、首相として国民を説得できるかどうかがカギだと思います。

我々も、単なる個人的な損得だけではなく、日本という国の行く末を考え、我々の未来の為に必要な痛みを受け入れることが必要です。

テキストのコピーはできません。