祈りの光

先日の、「祈りのワークショップ」で話したことですが、我々が見ている光には、二種類あります。

(1)物理的次元の光
こちらの光は、我々が日常的に見ている光です。
この光の特徴としては、「光源」が存在しているといういことです。
つまり、光を発する点が存在しており、そこから光が発しています。

(2)宇宙の根源の光(あるいは、霊的な光)
こちらは、通常では見ることが出来ない光になります。
先日行った、コアスター瞑想や、祈りのワークショップで見ることが出来た光はこちらになります。
この光の特徴としては、「光源」が存在せず、どこか一点から光が発するのではなく、まんべんなく存在する光の海のなかにいて、光を感じるような体験になります。
また、光の色としては、白色が多いのですが、青や緑色のような光が含まれた色に見えることもあります。

「祈りのワークショップ」や「コアスター瞑想」では、このような光を感じることができ、自分自身のそもそもが「光の存在」であることを体験的に知ることができます。
また、この光を感じると、自分という存在が光の存在であることを感じ取ることが出来たり、安心感を得ることができたり、自分自身が霊的な存在であることを確認できたり、色々な気づきがあります。

そして、自分自身の霊的な成長において、他の方法に比べて高い成長スピードを得ることが可能です。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

8月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。