香取神宮参拝、息栖神社へ

食事を終えると、香取神宮に参拝します。

鳥居で一礼してから、入ります。

香取神宮は小高い「山」の上にあるので、ゆるやかな上り坂の参道を進みます。

「山」というと、普通は数百メートル級の高さのある山をイメージするのですが、千葉の下総地域あたりの人はちょっとした丘も「山」と呼んでいます。

手水舎で身を浄めて、楼門の前に出ます。

楼門をくぐって境内に入ると、大祓の茅の輪が既に建てられています。

みなさん、8の字にぐるっと回ってから拝殿前に出て参拝します。

香取神宮でも、代理参拝の名簿を持って一人ずつ無言での読み上げをして、人数分の賽銭を入れて二拝二拍手一拝して参拝します。ここでも、人数分のエネルギーが流れるので、額に汗が流れます。

楼門を出たら、一礼します。この後は、登って来た参道ではなく、楼門に向かって左の道を進み、奥宮に出ます。

奥宮は非常にエネルギーの強い場所で、香取神宮の神様の荒魂が奥宮、和魂が本殿に祀られているように感じています。

そのあと、駐車場に戻ります。駐車場に戻った時点で既に16:00なので、三社目の息栖神社に到着する頃はちょうど日没。

続きます:

息栖神社に到着した時は、既に日没。 あまりゆっくりもできないので、神門前に進みます。 神門をくぐって、拝殿前...


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。