東国三社: 鹿島神宮レイライン

これまでの記事で、東国三社の位置関係が富士山や太陽などのレイラインであることを書いてますが、鹿島神宮の日の出ラインもとても印象的です。

kashimarayline

夏至の日の出が大戸神社になることは、以前に書いていますが、冬至の日の出ラインは、ぴったりと、筑波山の山頂に重なります。

下記の関連記事にもありますが、東国三社(鹿島神宮、香取神宮、息栖神社)の立地位置の関係は、富士山や太陽のラインを強く意識しているのがわかります。

(関連記事)

東国三社
https://enlt.net/ps/Togoku3/

東国三社のうち、香取神宮・鹿島神宮は古くから現在の場所に建てられていたといわれています。一方で、息栖神社については、古く...
(2013.01.25 作成) 息栖神社は、社伝によれば、現在地に立地する前は、東南に位置する日川地区にあったと、...
テキストのコピーはできません。