「今この瞬間」を体感するアチューメント

7月は、霊的な覚醒の鍵となる、「今この瞬間」を体感するアチューメントを実施します。
日程は、7月22日、23日、24日の三夜連続となります。

霊的な覚醒においては、過去による捉われや、未来を想像する想念による雑念状態を脱する必要があります。

一度も体験していない状態でそこに辿りつくというのは、地図のない旅のようなもので、多くの回り道をすることになりますが、一度でも体験すると、到達すべき場所がどこなのかが明確になって、回り道をしなくて済むようになります。

「今この瞬間」を体感するのは、セッションの時間のうち、ごく短い時間で体感する人もあれば、長い時間その状態になる人もあり、それはそれぞれの個性や過去世からの繋がりによります。

このアチューメントは、霊的な覚醒を促進します。

【日時】

2013年7月22日、23日、24日21時00分から30分間
※リアルタイムで受け取る方が効果的ですが、タイムシフトでも受け取ることができます。

【参加費用】

1万円
※途中から、途中までの参加でも同じ金額になります。
※銀行振り込みです。振込先は申込みされた方にお知らせします。
※今回は、アナウンスから実施までの時間が短いため、振込については7月26日までの振込でお願いします。

【参加申し込み】

以下のフォームからお申込みください。
参加セミナー・ワークショップ欄に「今この瞬間アチューメント」と記入してください。

セミナー・ワークショップ参加申し込み
http://form1.fc2.com/form/?id=588787

コメント

  1. ikeda より:

    遠隔、ありがとうございました。
    確かに「?何もない?」という感じでした。
    でも、途中、大きなトンボの顔が見えて、
    そのトンボの複眼に世界のすべてが
    同時に映りこんでいるのが分かりました。
    また、平均台よりももっと細い崖に
    風に吹かれながら立っている人が見えました。
    今この瞬間って結構崖っぷちなのだろうかとも思いました。
    明日のセッションを楽しみにしております。
    よろしくお願いいたします。

  2. tamamushi より:

    1日目ありがとうございました。
    遠隔の時には、体感でエネルギーを感じるのですが、
    これまでと違う箇所(主に頭部)で感じていました。
    その感覚が数時間あったのが、今までと違う感じでした。
    (断続的に。つながろうとすると感じる。)
    「何もない」というのが、自分の体験したものなのか、
    まだよくわかりませんが、
    確かに、今までの遠隔と違い、感情の揺れはありませんでした。
    2日目もよろしくお願いします。

  3. 八雲 より:

    > ikeda さん
    > 確かに「?何もない?」という感じでした。
    「今この瞬間」というのは、豊かな無の空間です。
    無心とか無我、無私といった感覚に近いです。
    > でも、途中、大きなトンボの顔が見えて、
    > そのトンボの複眼に世界のすべてが
    > 同時に映りこんでいるのが分かりました。
    インド哲学に出てくる比喩ですね。
    全ては一つであることを象徴しています。
    > また、平均台よりももっと細い崖に
    > 風に吹かれながら立っている人が見えました。
    > 今この瞬間って結構崖っぷちなのだろうかとも思いました。
    「今この瞬間」ではない体験をしている私たちの地球というのは、「今この瞬間」というのは留まりにくい状態であることを示しています。
    崖っぷちではなく、そこに居ることが難しいということを表しています。
    > tamamushi さん
    > 遠隔の時には、体感でエネルギーを感じるのですが、
    > これまでと違う箇所(主に頭部)で感じていました。
    これまでの遠隔は、肉体的な自分がベースのヒーリングやアチューメントでしたが、今回は純粋なエネルギー状態に近い体験になるので、感じる部分も違ってきます。
    > 「何もない」というのが、自分の体験したものなのか、
    > まだよくわかりませんが、
    分かりやすさという点では、これまでの遠隔セッションの方が分かりやすいのですが、今回のセッションでは、何もないという感覚なので、感覚を追いかけると分かりにくくなります。
    何もないということは、感じるものがフラットになっていくということです。
    > 確かに、今までの遠隔と違い、感情の揺れはありませんでした。
    「今この瞬間」に居ると、とても安定的になり、感情も沈静化します。

  4. cheese より:

    八雲さま
    昨日より二回の遠隔、どうもありがとうございました。
    昨日は確かにいつもの感じとは違って、あまり感じませんでした。
    途中、後頭部の下側にジワジワ刺激されている感覚は感じました。
    今日は、「無になるように…」と座りました。
    しかし、始めはどこかしらが痒くなったりして、気が散ってばかりでした。
    それでも、なるべく「無、無…」、「今、今…」と思って、ただ座っていると、急に自分の座っている所から俯瞰した感じで目線が下がっていき、地球の中心から自分を見上げているような映像が見えました。
    途中、また体がモジモジして気が散り始めましたが、最後の方で、自分の魂だけが今いる部屋に漂っている感覚になり、幸せな気分になりました。(少しの間ですが…)
    その時、また昨日のように後頭部がジワジワ刺激されているような感覚がありました。
    結構気が散ったように思うので、見たと思った映像も、無の中で感じたものかちょっと怪しいですが、明日も引き続き力まず、無で座る感じで受けたいと思います。
    明日もよろしくお願いいたします。

  5. 八雲 より:

    > cheese さん
    このセッションでは、真っ暗な宇宙の真ん中で魂だけが存在しているけれど、とても安心。といったビジョンを感じ取る人もいます。
    肉体的な自分というのは、仮の姿であり、エネルギー体である自分が本当の姿になります。

  6. A子 より:

    いつもありがとうございます
    二回目の感想です
    うすぼんやり、白くあかるい
    からだが、だるく重い…昨夜の体験史上最大の重さとは違い、重力を感じてるなと思った
    突然、身体が軽くなる…
    視界がはっきりする
    気分が良くなって…つい笑ってしまう…
    ありがとうございました

  7. ruby より:

    昨日は、何を感じたら良いのか、何処に行けば良いのか、何か一生懸命探しているような感じで、どこへ行っても何もない、どこへ行けば良いの?という感じでした。
    それが、余韻なのか、何かよくわかりませんが、今日一日、「今しかない」とか「すべては幻想(マーヤ)かもしれない」という感覚がとてもリアルで、頭で考えるのではなく、実感としてあるような、そんな感覚になっていました。
    どういう理由でそう思えるのかわかりませんが、八雲さんが一日900キロもの道のりを運転されても平気なのが、わかるような、そんな感じがしました。
    そして、今日は昨日と打って変わって、徐々に「平安」「静けさ」「喜び」・・・そういったものの中に溶け込んでいくような感覚?になりました。
    時間を経るごとに、少しずつ、身体が消えて、最後?には思考?意識?さえも消えていくような感じがして恐くなって目を覚ましましたが、何でもないことを知ると、またすぐにそこへ戻っていきました。
    完全な消失ではなかったようにも思いますが、殆ど消えてしまっていました。
    エアコンの空気の流れる音、犬の寝息、そんなものがいつもより、リアルに聞こえる様な気がしました。全てがそこにあるという感覚はありませんでしたが、何もない、私もない、という感じでした。
    明日はいったい、どんな風になるのか、楽しみにしています。
    明日もよろしくお願いします。

  8. Rosemary より:

    八雲先生
    2回目ありがとうございました。
    毎回先生のヒーリング&アチューメントの後は、現実が動くのですが、今回も新しいことを一つ決断したこともあり、滞っていた連絡が入ってきました。やっぱり不安は自分が作り出しているんですね。たた目の前のことをやっているれば、事は自ずと起きるんだと・・・。
    さて、2回目ですが、今回も暗い部屋にキャンドルをつけて、ソファの上で受け取りました。
    昨日同様、身体感覚がなくなってきたので、身体と身体の接点も解こうと足を解き、手を外してだらりと座ったら、身体が大きくよじれて姿勢が崩れました。
    それから意識が遠のいている時間があり、順序が不明ですが、第3の目の辺りに焦点が当たり、少し熱くなった後、丹田に焦点が当たり、また熱くなりました。
    眠っているのか起きているのか分からない、何もない身体もない感じでした。
    3回目もよろしくお願いします。

  9. 八雲 より:

    > A子さん
    > 突然、身体が軽くなる…
    いわゆる、物質としての身体意識の場合、重力を感じることになりますが、人間本来の姿である、エネルギー体としての身体意識になると重さを感じなくなります。
    そして、エネルギー体としての身体意識というのは、人間本来の姿になるので、気分が良くなってしまいます。その違いは、笑ってしまうくらいの差があります。

  10. 辰巳の辻占 より:

    八雲さん こんばんは。
    初日、予想どおり寝落ちしました。わーい!
    ヽ(´▽`)/
    で、「いかん、いかん」とマジ寝したら、
    夢で八雲さんをみたような、みなかたような。
    なんかを食ってたような、食ってなかったような。
    まあ、とにかく楽しげな夢でした。
    実は、最近、仕事場が(人間関係が)めんどくさくなって、
    ヤダナーって気分ですごしていました。
    だからあまり根拠なく気分がいいはずがないのですが、
    なにもなくても、ご機嫌です。
    二日目
    今日は寝落ちなし!やったぁ
    (*゚▽゚)ノ
    まあ、機嫌がよくなったからといって、
    仕事場のめんどくささが急になくなるわけじゃないのですが、
    そこ、関係ないですね。
    二日目は、なんかデカいスケールを感じました。
    ちょうど満月で理想を高く見るような、
    思いを遠くに届けるような
    そんな感じ。
    うーん、うまくいえません

  11. 八雲 より:

    > ruby さん
    >どこへ行っても何もない、どこへ行けば良いの?という感じでした。
    どこに行くのかというのは、物質的な世界観にのみ存在します。
    エネルギー的な世界においては、時間がなく何処に行くのも瞬間的な移動になるので、何処という概念がなくなっていきます。
    自分が居る場所が、世界の中心です。
    > 今日一日、「今しかない」とか「すべては幻想(マーヤ)かもしれない」という感覚がとてもリアルで、頭で考えるのではなく、実感としてあるような、そんな感覚になっていました。
    頭で考えるという思考より、実感するあるいは感じることの方が、「今この瞬間」には大切です。思考は時間的な世界で行うことであるのに対して、実感するというのは、時間を超えた世界にあります。
    > そして、今日は昨日と打って変わって、徐々に「平安」「静けさ」「喜び」・・・そういったものの中に溶け込んでいくような感覚?になりました。
    溶け込んでいくというのは、それらの「平安」「静けさ」「喜び」が自分以外のどこかに存在するものではなく、自分自身の中にあることを意味しています。
    > 時間を経るごとに、少しずつ、身体が消えて、最後?には思考?意識?さえも消えていくような感じがして恐くなって目を覚ましましたが、何でもないことを知ると、またすぐにそこへ戻っていきました。
    物質的な体験をしていると、何もないというのは、不安な感情を引き起こしますが、体験していくと、不安ではなく、安心であるということが分かってきます。

  12. 八雲 より:

    > Rosemary さん
    >やっぱり不安は自分が作り出しているんですね。
    はい。そうです。不安というのは、「今この瞬間」ではなく、「過去の経験」か「見えない未来」のことでしかありません。今この瞬間に生きていると、不安というものが出てくる理由がなくなります。
    > 眠っているのか起きているのか分からない、何もない身体もない感じでした。
    何もないというのが、人間の本来の姿です。
    私たちは、物質的な体験をしているため、何もないという事に対して不安を持ちやすいのですが、「今この瞬間」に生きていると、何もないということが安全で安心で、心穏やかな状態であることに気が付きます。

  13. 八雲 より:

    > 辰巳の辻占 さん
    アチューメントする側からすると、寝落ちした方がアチューメントはやりやすくなるのですが、今回は体感することも目的の一つなので、寝落ちしない方がいいかと思います。
    でかいスケールを感じるというのは、人間の本来の姿を感覚的に感じているということです。言葉で表現できる世界を超えた世界のアチューメントなので、今回は、言葉にしづらい体験をする人も多くなります。

  14. tamamushi より:

    2回目は眠ってしまいました。
    ただ、いつも感じている仕事上の心配がわいてきません。
    なんとかなるだろう、と落ちついている自分に、驚いています。

  15. 洋美 より:

    八雲 様
    2回目ありがとうございましたmm
    昨日とは変わって何もなかったです^^
    エネルギーはあるのに波も光も少なかったです
    少し落ち着けず、深く入れませんでした・・
    今日も楽しみにしてます。

  16. カシオペア より:

    八雲さんセッションありがとうございました。1、2回の感想です。場所は2回とも喫茶店で受けました。
    1回目は頭の中にジャイロが入っているような感覚。周囲の話し声が両耳に入ってきて雑念で左右に引っ張られ揺れるのだけれども、姿勢制御されて自分の真ん中に戻る感覚でした。
    2回目は自分の中心が細長くて真っ白い原子炉の圧力隔壁のような物で守られている感覚でした。自分の左側から入ってきた情報が中心部を迂回して右側に通過してゆく感覚で、中心部は侵されない領域という感覚でした。
    どうもありがとうございました。3回目もどうぞよろしくお願いします。

  17. ikeda より:

    二回目のセッションありがとうございました。
    昨日の八雲さんのメールを拝読して、「今日は“無”を楽しもう!」と思ったのですが、
    なぜか忌まわしいヴィジョンばかり出てきて、
    何度も我に返ってしまいました。
    一つ目はいくつかのグループになって人々が立っているヴィジョンで、
    その人たちはもう死んでいる人たちだと感じました。
    その中のひとつのグループがクローズアップされると
    八雲さんの声で
    「その人たちを上に連れて行ってください」
    と聞こえ、びっくりして我に返りました。
    まるでわけが分かりませんでした。
    もうひとつは映画のスクリーンのように横に細長いヴィジョンで、
    卍型のポーズをとってピンクのワンピースを着た女の人が倒れているのを
    上空から眺めていました。
    顔の部分はスクリーンの上の線で切られていて見えません。
    「首のない死体」
    と聞こえました。
    これもびっくりして我に返ってしまいました。
    そんなことで30分終わってしまいました。
    いったい何が起こったのでしょうか。
    不思議です。
    今夜はしっかり「無」体験したいと思います。
    よろしくお願いいたします。

  18. 八雲 より:

    > tamamushi さん
    「今この瞬間」にいると、まだ来ない未来のことを心配しなくなります。
    これは、未来がどうでも良いということではなく、今にいると必要な思考のみが起きて、必要がない思考が起きなくなります。
    > 洋美 さん
    初回はアチューメントのエネルギーが纏めてくることがありますが、二回目以降には落ち着いた状態になっていきます。
    エネルギーがあり、穏やかな状況になってきます。何か特別なものを期待するのではなく、「ただそこに在る」という感覚でいてください。
    > カシオペア さん
    「今この瞬間」では、自分にとって必要がない情報というのは、ただ流れて行き、必要な情報のみが留まるようになります。
    そして、自分自身が存在するということが確たるものであるという感覚があり、それを比喩的に感じている状態ですね。
    > ikeda さん
    Ikedaさんの体験は、瞑想などでもよく見られます。
    無というのは、ただそこにあるものなので、なにも考えない・なにも期待しないでいると、無で居られます。
    ところが、一度無の体験をすると、その体験という過去に引きずられて、同じ体験をしようとする意識が働くことがあります。そうなると、これは思考です。
    無を体験するつもりが、思考しているわけです。
    思考になると、過去と未来に捉われているために、妄想が出てきて、無を体験できなくなります。この体験は、妄想なので、意味づけしたり探ったりするとさらに妄想が強くなります。
    なにも考えない・なにも期待しないで、ただそこに居てください。

  19. masako より:

    八雲さま 
    初めての遠隔アチューメントありがとうございます。とても自然な流れの中で参加が決まり、不思議なご縁を感じています。
    一回目、眉間が少し痛いと感じるほどジリジリしたので、受け取っていることが分かりました。リラックスして受け取ることを意としていましたが、体の細胞ひとつひとつが溶けていくような感覚に入り、体が熱くなりました。怖さが上がってきたので、だいじょうぶ、と声をかけたら消えました。途中、エネルギー?の強弱を感じました。
    二回目、タイミング良く30分間の瞑想後に受け取りました。目の前に八雲さんをイメージしていたのですが、始まる時、仏様に変身されましたよ(^^)10分程度で、集中して受け取った感じです。…表現する言葉は思い浮かびませんが、ちょっと楽しい感じになりました(*^.^*)
    本日もよろしくお願いいたします。

  20. 関川 明 より:

    八雲様。。
    こんばんは。
    1回目・2回目のアチューメント ありがとうございました。
    感想が遅くなってスミマセン。。
    1回目、2回目共にほぼ寝落ちていました。(1回目はベッドで2回目はイスに座っていましたが^^;)
    1回目は上半身の上側(いつもは背中の方なのですが)が温かくなったのを感じました。
    そして、終了間際にフッと真っ暗な空間に意識だけが入ってしまった感じで、『えっ。。何??』と思った瞬間に現実に戻ってきた感じで…『あれ??』といったような事がありました。夢では無かったと思います。
    起きた後、仰向けに寝てただけなのに両手がしびれていました。
    2回目は寝落ちる前のうっすら覚えている事は、やはり暗~いところをフワフワ~っとしているのを覚えています。
    「無」というのは考えると意外と難しく、色々考えてしまって 受け取りにくくしてしまっているかも知れませんね~。。
    最終回の今晩は 何も考えずにしっかり受け取りたいと思います。
    よろしくお願い致します。

  21. くらら より:

    遠隔アチューンメントをありがとうございます。
    受けているときは 全く眠くないのに 意識だけが遠くなって
    考えることができなくなり、自我を離れる?ような感じがしました。
    今日もまたよろしくお願いします。

  22. 八雲 より:

    > masako さん
    エネルギーを受け取れるようになるため、強いエネルギー感を最初に感じることがあります。その後は、穏やかな感覚になり、境界が無くなるような感じを受け取るようになります。
    仏様を見ても、それに意識が行かないようにしてください。そちらに意識が行くと、本来の体験ではなくなってしまいます。
    > 関川 さん
    真っ暗な宇宙空間に意識だけが存在するという体験は、今この瞬間で体験するパターンの一つですが、そのことを意識し過ぎると体験できなくなります。
    何も期待せず、何も考えないで、セッションに参加してみてください。
    > くらら さん
    セッションがスムーズに受けられているときは、自我の思考が低下して行き、意識だけの世界になります。

  23. A子 より:

    いつもありがとうございます
    三回目の感想です
    うすぼんやりした、白いところ
    お腹いっぱいでぼーっとしている時に似た感じ
    その後……ないけど、満ち満ちている…ないけど、いっぱいな感じ
    少し、うとうとした…飛んでいる…ただ飛んでいて地上の景色がどんどんかわる…宇宙のような所も飛ぶ…
    白くぼんやりしたところ
    恥骨あたりに脈拍を感じる
    ありがとうございました

  24. cheese より:

    八雲さま
    三日目のセッションありがとうございました。
    思考が出てきて、思考していることに気がついて、流して…、を結構繰り返しました。
    そんな合間に、ただ扇風機の風を感じ、音を感じ、呼吸を感じ、、の、ただ居る時間もありました。
    終わり近くで、頭が緩んだような、らく~な感覚がありました。
    三日間どうもありがとうございました。

  25. masako より:

    八雲さま
    コメントありがとうございます。仏様は一瞬だけでした。一回目、二回目は顕在意識がはっきりしているような感じの中でしたが、三回目は瞑想したまま寝落ちてしまいました。力抜けすぎた?!
    しばらく、様子を見てみたいと思います。
    三日間のアチューメント、ありがとうございましたm(__)m

  26. ruby より:

    途中で目を覚ましてしまうことが2、3度ありました。
    自分の身体が完全に消える、消える、消える・・・と思っていると、また現れたり、物凄く
    きわどい感覚がありました。
    今でもまだ、目を閉じると、なんだか何も無い状態に戻っていくような気がします。
    そういう状態で留まるよりも、現実の色があり、香りがあり、味があり、「ある」という
    生活もまた楽しいかもしれない、と思いました。
    本当に体感できたのかどうかはわかりませんが、どんな体験ができるのかと、どきどきして面白かったです。
    八雲さんのヒーリング、アチューメントは、何が起こるか、いつもハラハラドキドキです。
    言葉に表せない感覚を味わうって、面白いです。
    ありがとうございました。

  27. あき より:

    1日目は時間前に寝てしまってました。
    2日目はエネルギーがきている感じ。
    3日目は皮膚の体の境界線がなくなって、空気に溶け込んでいる感じ、自分が魂というかエネルギーの塊みたいに思えた瞬間がありました。
    ありがとうございました。

  28. tamamushi より:

    最後は、真っ暗の中で、
    寝ている?違う?を繰り返していました。
    本来の体験ではないと思いますが、
    不安を作りだしていない状態が
    とても心地いいことをわかっただけでも、
    今回の遠隔はよかったです。
    3日間ありがとうございました。

  29. カシオペア より:

    八雲さんセッションありがとうございました。3回目の感想です。
    今回も喫茶店で受けました。1回目と同じく頭の中が重くなってジャイロが入ってる感覚でした。ただ1回目と違っているとことは、日常生活の中に今この瞬間が溶け込んでいる感じ。雑念は自分の周囲にぷかぷか存在しているけど結界があって近づかない感じでした。
    三日間のセッションどうもありがとうございました。

  30. Two Moon より:

    3日間アチューンメントありがとうございました。
    心地よかったりイライラしたり波を感じました。
    今回のセッションを言葉に表現するのは難しく感じます。
    ただ、この期間中にネガティブな感情が驚くほどなくなり、何事もすんなり行動出来るようになっています。いままでよりかなり現実に幻想感が強くなってしますし、人との間に親近感のような感覚も自然にあります。自分の捉え方が変わり自分が自分を見ている感がはっきりしています。
    セッションと結びつきがないかもしれませんが変化が起こったのでコメントしてみました。

  31. ruby より:

    再度、お邪魔します。
    感想でもあり、質問でもあるのですが、
    3月には覚醒のヒーリング、アチューメント、今回は今ここを体感するアチューメントを受けさせていただいて、それぞれ、やってくるエネルギーに微妙な違いがあると思いました。
    八雲さんは、どうしてこんなことができるのだろうと思えて仕方がありません。
    違いが判るからできる、そして、そのエネルギーを自分で自由に動かすことができる・・・
    私には想像もつきません。
    いつも写真を掲載していらっしゃいますが、こんなに素晴らしい写真を撮ることができるのも、そして、こんな風に中立な立場でこんなに長い間、そのスタンスを変えることなくブログを運営していけるのも、精妙な感覚があるからなんだろうなと思いました。
    八雲さんのそういうところを見習いたいと思いますが、どうしたら、そんな風になれるのか、と不思議でなりません。
    八雲さんの美的な感覚、エネルギーの違いがわかる感覚、そういうものはいったい、どんなふうに養われたのでしょう?

  32. ikeda より:

    三日間ありがとうございました。
    三日目の昨日は「また妄想が出てきたらどうしよう」と、
    かなり緊張してしまい、あまり集中できませんでした。(苦笑)
    結局、途中スポーツバッグが出てきて
    中をあけてみるとまた人の足の骨が入っていて
    びっくりして我に返り、がっかりしました。
    いくら妄想にしても、どうして美しい風景などでなく
    こんな忌まわしいものを見てしまうのでしょうか。
    自分の中にこういう暗いものがあるのかと心配になりました。
    気を取り直して集中しようとすると、
    終了数分前に漢字が3文字出てきて、



    と縦に書いてありました。
    □の部分は残念ながら忘れてしまいました。
    三日間本当にありがとうございました。
    これからの自分にも期待したいと思います。
    それからrubyさんのコメントに同感です。
    八雲さんスタンスの確かさなど、本当に素晴らしいと思います。
    どうしたら、そのように大きくて静かでニュートラルでいらっしゃれるのか不思議です。
    これからもよろしくお願いいたします。

  33. Rosemary より:

    八雲先生
    3日間ありがとうございました。3日目は、気持ちが浮ついていたせいか、過去のお世話になった人を思い出し、感謝で目頭が熱くなったり、この感想文に書く内容の文章が頭をよぎったりを繰り返し、何度も流しながら無心に戻りの繰り返しでした。最初椅子に座っていたのですが、腰が痛くて落ち着かず、畳の上に身体を横たえました。ふっと感覚のなくなる瞬間も少しあったのですが、全体的にマインドが動いて入り切れませんでした。初日が一番無心で受けることが出来、3日目になると構えが出来たのかもしれません。

  34. せきかわ より:

    八雲様。。
    こんにちは。
    3回目のアチューメント ありがとうございました。
    感想ですが。。
    まず、今回は寝ていないというか…起きてるような寝てるような。。でもちゃんと頭の中で見えてるというか浮かんでくるものは覚えているといった感じでした。
    始まってすぐは、頭のあたりがうっすらですがポワ~ンというかピーというような耳鳴りみたいな耳を塞いだ時のような感じになり、それがぐるぐるしている感じでした。
    その後、マンホールの穴のようなところから自分が覗き込んでる様子を下の方から見てるといった映像?を見ました。
    そして、真っ暗な空間に花火が上がってるような画像??花火は上がってるんだけど、止まってる…星が花火になってるような感じのものが見えました。
    そうこうしてるうちに、5分位経ったかな~?と思って時計を見たら30分経っていました。
    三日間でうまく受け取れたかは分かりませんが、いずれ体感できる時が来ればいいと思います。
    今回も ありがとうございました。
    また、よろしくお願い致します。。

  35. 辰巳の辻占 より:

    八雲さん こんばんは。
    3日目は、リアルでした。
    自分の身体を感じました。
    身体の輪郭を感じたり、匂い、触感を感じました。

  36. 八雲 より:

    > A子さん
    何もない、豊かな空間。
    そこが、一番の居場所です。
    > cheese さん
    まとめの記事でも書きましたが、
    今 → 思考 → 今 → 思考
    といった感じで、今と思考を行ったり来たりするのが、初めのうちの特徴です。
    今に留まれる時間が段々長くなっていくことが、次の段階ですね。
    > masako さん
    禅には、「仏に逢うては仏を殺せ」という物騒な言葉ありますが、これは自分自身が仏そのものであり、仏に戻るには自分の外側の仏をいつまでも頼っていてはいけないという趣旨です。なので、一瞬で良いんです。
    それから、寝落ちするわずかな瞬間で、今を感じることがあります。大抵はそのまま寝てしまいますが。
    > ruby さん
    瞑想や座禅でもそうですが、その状態というのは、刀の刃先を歩くような際どさがあります。普通の状態の方が安定的です。
    これが、だんだんと、今という状態の時間が長くなっていくことが、覚醒であり悟りでもあります。
    今はまだ普通の状態の方が楽しいという感覚の方が強いことは、問題ではありません。無い世界と在る世界の両方の世界を楽しんでください。
    > あき さん
    三日目の感覚を覚えておいてください。いつでもその状態に入れるようになって行くのがこれからの目標です。
    > tamamushi さん
    人が本来の姿に戻ると、不安のない心地いい状態に、成るのではなくて、戻ります
    > カシオペア さん
    段階が進んで行くと、重さは、いずれなくなります。また、雑念もぷかぷか浮いている状態から、雑念が無くなって行くようになります。
    > Two Moon さん
    今回のような体験を言葉で表すのは、とても難しいことです。言葉にした途端に、鮮度が落ちる、色が消える、広がりが無くなるという感じになります。
    大自然の美しさを言葉にしたところで、実際にその場に行って感じるのとは雲泥の差があるのと同じですね。
    今この瞬間に居ると、自分が変わり、自分が変わるから周囲も変わります。
    > ruby さん
    この質問については、後ほど記事で回答します。
    > ikeda さん
    妄想が美しくないというのは、現実から逃避していない証拠です。
    現実から逃避している人の妄想は美しくなります。
    なぜなら、元の世界に戻れば、それは美しい世界だからです。地球は、美しい世界から来た魂達が、「美しい」と「美しくない」の二極を体験する場です。だから、両方存在します。
    世の中に、美しいものが少ないのは、元の世界ではそれが当たり前だからです。地球上が元の世界と同じでは、来た甲斐がありません(笑)
    なので、両方を体験したうえで、美しい世界に向かうことが大切です。
    漢字三文字は、
    必ず、
    光の世界に、
    行くことができる。
    と、解釈してみるのはいかがでしょうか?
    > Rosemary さん
    感覚が無くなる瞬間が少しあるということは、それを瞬間という短い時間から、少しずつ伸ばしていくことが出来るということです。
    入りきれないという意識に立つのではなく、入り口にはすでに入っているという意識に立ってみてください。
    > せきかわ さん
    今この瞬間というものを体験するときに、ビジョン的な体験をすることもあります。
    見ている自分を見ている、というのは観察者としての自分を表しています。
    上がっているけど、止まっているというのは、時間というものが現実ではなく、想念が時間を生み出しているということを表しています。
    > 辰巳の辻占 さん
    リアルとビジョン、身体と意識、モノとエネルギーといった二極を体験するのが地球上ですから、両方を体験します。
    両方を体験したうえで、エネルギー世界に進むことになります。

  37. ikeda より:

    コメントありがとうございました。
    八雲さんが大喜利までお得意とは知りませんでした。(*^-^)
    今この瞬間、その後について。
    改めて、遠隔アチューンメント3日間ありがとうございました。
    さて、セッション翌日の昨日は友達が「これおもしろかったよ」と貸してくれた
    「クラウド・アトラス」を観ました。
    いやはや、今回の今この瞬間アチューンメントぴったりのお題で、
    シンクロ、うまく出来ているなあと感心しました。
    今回はジェンダーも年齢も人種も生まれも乗り越えるのが
    テーマのひとつでした。
    「すべてはひとつである」と訴える監督の姿勢は
    マトリックスの時と変わりません。
    しかも時代さえ交錯して
    まさに「今この瞬間にすべてある」といわんばかりでした。
    感動して映画を観終わり、ディスクを取り出して手に取ると、
    それはまさに2時間半の作品全て
    起こったことのすべてが「一枚」の薄っぺらい円盤に載っている
    まさに「ひとつ」「瞬間」であることに気がついて震えました。
    そういえば、私がセッション一日目に見たトンボの目と
    DVDディスクは同じように虹色に輝いていますね。
    「今この瞬間」は虹色に輝いているのでしょうか。笑
    また、今日図書館に行ってフランス文学の調べ物をしておりましたら、
    その棚になぜか、谷川俊太郎の
    「いつだって今だもん」
    という本がありました。
    なるほどその通りですよね。
    日々、勉強させていただいております。
    これからもよろしくお願いいたします。

テキストのコピーはできません。