竹内結子さん

竹内結子さんの死亡に関する記事が沢山流れていますが、どの記事も死亡の原因を探ろうとしているものばかりです。

竹内結子さんの死亡について、リーディングしたところでは、三浦春馬さんの状況と、とても似ています。

こちらの記事、

三浦春馬さん
https://en-light.net/archives/36419

から引用します。

普段芸能ネタは書かないのですが、クライアントさんからお問い合わせがあったので書いておきます。

深いスピリチュアルな視点で書いてますので、世の中の一般的な常識とはちょっと違うかもしれません。

三浦春馬さんの死については、色々と言われていますが、単刀直入にいえば寿命です。

人の寿命というのは、単に身体的なものだけではなく、人が想うものもあります。

私自身、武将の過去世を持っていますが、その過去世において、その戦いに出かけるということは死を意味することがわっているのですが、出陣せざるを得ないという状況でした。
それは、ある意味自殺と同じ状況です。

それと同じ状況ではありませんが、死に向かっていくということが分かっていながら、それに向かうということもあります。それを自殺という形で行うこともあります。

それは、必然の死であって、迷い悩んだ死ではありません。

人の寿命は、突然終了してしまうこともあります。

竹内結子さんの死亡については、(理由のない)突然死として扱うのが最もいいと思います。

それは、何かの想いがあるからではなく、生まれる前に決めた寿命が来たというだけです。

なので、その意味を探ろうとしても、出てくるのは各人の想像であったり想いでしかありません。 
 

コメント

  1. より:

    こんにちわ。もし教えていただけるなら、と思い質問させていただきます。
    私は戦国時代が好きです。歴史としても、エンターテインメントとして作られた戦国時代を見るのも。です。
    スピリチュアル的に、戦国時代と言うものは何で日本に、あったのでしょうか?
    これだけ小さな国で、あれだけ軍事に偏った時代。言い方は俗っぽくなりますが、これだけパワースポットだらけの世界でも稀な、この国で。あれだけ、歴史の中心人物たちが縁起担ぎをしても。争いの時代は、なぜあったのでしょうか。
    すいません。突然。

  2. 八雲 より:

    本記事のテーマとは異なりますが・・・

    > 守さん

    スピリチュアル的に言っても戦国時代の基本は、「時代の変化」になります。
    これをきちんと書くには少し時間が掛かるので、しばらくお待ちください。

テキスト・画像のコピーはできません。