怖れを手放す 遠隔ヒーリング

怖れ

怖れは、人間が生きて行く上で必要です。
怖れが無ければ、危険な場所に平気で出掛けて、害を受けることになります。
その害から遠ざかるための機能として、人は怖れを持っています。

過剰な怖れ

ところが、この怖れが過剰になってしまうと、必要な行動が出来なくなってしまい、結果的に損をしてしまうことになります。

また、怖れが過剰になってしまった場合、それを忘れることで何とか生き延びるという方法を選択する場合もあります。人は過剰な怖れを普段意識できない場所に封じ込めてしまうのですが、それが原因で理由のよくわからない怖れが元で、したいことができない状態を引き起こすことがあります。

過剰な怖れを手放す

今回の遠隔ヒーリングでは、過剰な怖れを開放して行く遠隔ヒーリングを行います。

過剰な怖れを手放していくように遠隔ヒーリングでプログラムします。

そのプログラムに従って、過剰な怖れを手放していくのですが、手放す過程においては、怖れを目前に実態として表してから手放していくということが起きることもあります。
そのため、一時的には怖れが強くなることもありますが、いずれそれは解消に向かいます。

手放した怖れは、純粋なエネルギーとして宇宙の源に帰っていきます。

そうすることで、プログラムによって怖れから段階的に開放されていきます。
解放のプログラムは数日から数週間で終了します。

[注意事項]
今回の遠隔ヒーリングは過剰な怖れを開放するものです。すべての怖れを開放するものではありません。

今回の遠隔ヒーリング

今回の遠隔ヒーリングは、特定のクライアントさん向けに行うのがきっかけですが、参加人数が多い方が効果性が高まるため、オープンで実施します。
また、募集から実施までの期間が短いことも考慮し、参加しやすい金額設定とします。

日程:2021年7月24日(土) 満月
時間:21:00 – 21:30
代金:5千円(実施後に銀行振込)
申込期限:2021年7月23日(金) 18:00

参加したい方は、以下のフォームからお申込み下さい。 


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。