呼ばれて一晩で7か所の社寺と駅(その3)

その2(リンク)から続く。
スピリチュアル・ガイドさんの指示と内なる声に従って道を進むということについては、その1を参照してください。
その3でも声に従って進むというのは変わりません。

妻沼聖天山を出ると、また暗い県道を進みます。途中一度国道に乗りますが、すぐまた県道に戻って進みます。
踏切や橋と同じで、数が少ない新幹線の高架通過箇所を過ぎて、広い場所に進んでたどり着いたのは、藤田神社。

この神社はここ最近何度も呼ばれています。
どうやら私の祖先と関係している神社のようですが、現時点では詳細は分かりません。

藤田神社を出ると、これまで呼ばれて通った道を通らず、また知らない道を進みます。
道路看板を見ると、小前田駅方向にまっすぐ進んでいる。

ということで、到着したのが小前田駅。

秩父鉄道の無人駅ですが、ここ最近何度も何度も呼ばれています。すぐ近くに諏訪神社があるのだけど、そちらは無関係で、まっすぐこの駅に何度も呼ばれてますが、この駅との関係も現時点ではわかりません。

小前田駅を出ると、これまでよく通って来た道にしばらく戻ったあと、左に曲がります。
この時点で、最終目的地が知らされて秩父神社に向かいます。

そして、ようやくゴールの秩父神社に到着。

到着した時は、日が変わって0:00を過ぎてました。

ようやく終わったので、しばらく休んでから、自宅に戻ります。

自宅の駐車場に車を停めたら、正面の空で木星が出迎えてくれました。
木星は、占星術における私の主惑星です。

自宅に戻ったのは03:00。夕方から深夜にかけての走行距離は246Kmでした。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。