神社のおみくじで「凶」が続けて出たときは、神社からの特別なメッセージです

あるクライアントさんに起きた出来事を書きます。
プライバシー確保の為に、状況は手を加えていますが、基本的な部分についてはそのままです。

●仕事がなかなか軌道に乗らない

あるクライアントさん(社長)の仕事が、なかなかうまく軌道に乗らない状態が一年以上続いていました。
軌道に乗らない原因の一つは、コロナウイルスによるものですが、それだけでは説明が付かない状況であったものの、霊視で観ても特に問題が見つかりません。

以前は、お店が見つけにくい場所にあるためという状況もありましたが、その点については対処したので、対処後は問題点となるようなところはなく、軌道に乗らない原因がなかなかわかりません。

●おみくじで凶が続く

お店近くの神社に参拝するのが良いとお話していて、その神社には時々参拝していたのですが、話を聞くと参拝時におみくじを引くと高い確率で「凶」が出る。
夫婦そろって参拝した時も、夫婦そろって「凶」が出てきた、とのこと。

神社のおみくじは「凶」が出るのを嫌う人も多いので、吉系8割で凶系2割というところもあったり、凶を入れないという神社もあります。

なので、「凶」を高い確率で引くというのは、神社からの特別なメッセージです。

●祈願している人が・・・

そこで調べていくと、その神社に祈願している人が居て、自分の商売がうまくいくために、競合するお店にお客さんが行かないように祈願しているのが観えました。

それだけであれば、神社に祈願してもほとんど効果がない結果に終わるのですが、その人は今生では普通のビジネスマンなのですが、過去生は霊能者だったということが分かります。

そのため、神社に祈願をすると過去生の自分が霊的なエネルギーを発して祈願した内容を実現化しているわけです。

神社がその人の祈願を叶えているのではなく、過去生の自分が祈願された通りの現実を作り出している状態でした。

そのため、その神社に参拝すると、過去生の祈願者とつながることになり、ビジネスがうまくいかないということが起きる場合があります。これは現世もしくは過去世において、その人と関りがあった場合にのみ起きる現象です。

●ここに来ないように

そのため、神社はおみくじで「凶」を続けて出すことで、ここに来ないようにメッセージを発していたわけです。

改めて整理すると、

(1)神社がその人の祈願を実現させているわけではない
(2)祈願者の過去生である霊能者が現実化を行っている
(3)神社はおみくじを通じて、この神社には来ないようにと伝えている

ということでした。

起きているのは現世の問題だけど、その源は現世に生きている人の過去生の霊能者の行為であったということで、なかなか複雑な構造であり初めて遭遇する状況なので、なかなか原因が掴めませんでした。

クライアントさんにその点を伝えて、その神社に行くのを止めて他の神社に行くようにということで対処します。

別記事に続く:

【2022年10月17日 追記】 過去生からの攻撃は止まりました。 詳細については、こちらに記述中です。 ...

この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。