大韓航空ナッツリターン事件の本質

大韓航空ナッツリターン事件について、いすみ鉄道社長の鳥塚さんが、報道されることのない日本と韓国の上下関係文化の違いについて書かれておりとても興味深いです。

訳語:
ウリ ピヘンギ=我々の飛行機
テハナンゴン=大韓航空

いすみ鉄道 社長ブログ
ウリ ピヘンギ
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2034

(参考)
Wikipedia
鳥塚亮(リンク
大韓航空ナッツリターン(リンク


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. ミケニャンコ より:

    興味深い記事の紹介ありがとうございます。
    国民性というか国の歴史でしょうか。
    人を理解するときに、相手の育ちを知ることも必要であるのと同じですね。

  2. yakumo より:

    > ミケニャンコさん

    国と国の関係をつくりあげている、一人一人の考え方に、表面的な報道だけでは判らない背景がある。
    ということを知っておくのも大事ですね。

テキストのコピーはできません。