タイプライター (The Typewriter)

タイプライター(The Typewriter)は、 アメリカの作曲家、ルロイ・アンダーソン(Leroy Anderson/1908-1975)による、管弦楽とタイプライターを組み合わせた如何にもアメリカ的な曲です。

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団が演奏しており、 タイプライターを打っている打楽器奏者の打鍵の正確さが印象的です。Youtube上には、他の奏者の動画もいくつかありますが、この動画の奏者がもっとも正確な打鍵でこの曲の雰囲気を見事に創り上げています。

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団は、ウィーン放送交響楽団を中心としたウィーンの名だたるオーケストラから選抜されているそうです。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

コメント

  1. 桜咲く春 より:

    楽しい!最高!素晴らしい!こういう演奏が聞けて嬉しかったです!
    簡単そうに見えますけど、テクニックが必要なのではないかと思います。
    ご紹介、ありがとうございます。

  2. yakumo より:

    > 桜咲く春 さん

    他のYoutubeなどを見てると、打鍵のリズムが最初は正確なのだけど、演奏が進むにつれてばらつきが出るのが多いです。
    それに比べると、この奏者は、ずっと正確さを維持しており、奏者としての技術が高いことが分りますね。

テキスト・画像のコピーはできません。