目覚め/悟りは、到達するものではなく、プロセスである

多くの人が、スピリチュアルな目覚め/悟りを、到達点と思っているようですが、目覚め/悟りは、到達点ではありません。

いったい誰が、そこに到達するのでしょうか?
スピリチュアルな目覚め/悟りというのは、自我の消失であり、「それ」が成った時、私という個人は存在しません。つまり、到達する個人は存在しないのです。
「それ」が成った時、個人は存在せず、全体性のみが存在します。

個人が目覚め/悟りを求めている時、それはプロセスの中に居るということです。
「それ」が成った時、プロセスの外側に抜け出るのです。
そして、それは到達したのではなく、原初の全体性に戻るということです。
原初の全体性では、そもそも目覚めており、悟っているのであって、それ以外が存在しないので、原初の全体性には、目覚めとか悟りという概念すら存在しません。

私たちは、全体性から分離して、人として肉体と精神を持って生れ出てきます。そして、個人という分離を体験した後、肉体と精神を持ったまま、全体性に戻って行くという、聖なる帰還という循環を旅しているのです。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。