ゴータマ・ブッダの詩

憎しみにある人たちの中にいても、喜びと愛の中に生きなさい。

苦しんでいる人たちの中にいても、喜びと健康の中に生きなさい。

不幸な人たちの中にいても、喜びと平和の中に生きなさい。

輝いている人のように、所有せずに喜びの中にいきなさい。

勝者は憎しみを撒く。なぜならば、敗者が苦しむからだ。

勝敗を手放し、喜びを見つけなさい。

(引用:OSHO/JOY P.234)

真に目覚めるというのは、この詩で言う生き方になるということです。
そこには努力がなく、ただ自然にそうなるのです。

目覚めた時、そこに幸せはありません。
なぜなら、幸せには理由があるからです。
理由のない喜びがそこにはあります。
その喜びは理由がないから、消えることなく永遠に続くのです。

テキスト・画像のコピーはできません。