守護霊

カウンセリングの中で、自分の守護霊が知りたいという話が多いので、その話を書きます。
守護(祖先・霊・神)については、まず始めに話をしておかなければならないこととして、この現世に生きている人には誰しも守護(祖先・霊・神・仏)がいます。
ただ、守護(祖先・霊・神・仏)というのは、あくまでも現世に生きている人がより良い人生を送るための働きをおこなっているので、あまり表立った仕事をしない傾向があり、そのため霊能者によっては守護が誰なのか良く見えないということになります。それを取って、守護が居ないという人もいるようです。(実際には存在しているのですが・・・)
私の場合、守護という言い方ではなく、ガイドという言い方をしています。
一人一人のガイドには祖先・霊・神・仏が就いており、また守護のみならず、指導も同時に行っているケースも多いです。
そのため、守護霊という言い方をしてしまうと、かなり限定的な言い方になってしまい、本来のガイドが誰なのかが分かりづらくなるということがあり、またガイド側でも動きが(霊に)制限されてしまうことになりかねません。
ガイドが自由かつ効果的に活動をできるようにするためにも、守護霊という言い方よりも、より広い意味でのガイドという表現の方が好ましいと考えています。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

3月のスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomによる遠隔…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。