陰暦(2)

グレゴリオカレンダーの不自然さに気付いてから、最初に使ったのが「13の月の暦」でした。「13の月の暦」は宇宙のリズムに基づいたカレンダーで、大変優れていると思います。
でも「13の月の暦」を使っていて、気が付いたのが日本の自然のリズムと合わないということです。確かに、宇宙的なリズムであれば「13の月の暦」が良いと思いますが、日本の「春分、秋分、夏至、冬至」などの季節をベースとしたリズムが「13の月の暦」には盛り込まれてないため、日本の季節のリズムと合わないカレンダーになっていると思います。
そこで、色々探してみた結果たどり着いたのが、日本の昔からある暦である陰暦です。