三峯神社は犬神信仰

日曜日は気分転換も兼ねて、三峯神社(HP)まで日帰りで行ってきました。

以前から、三峯神社とその祭神である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉册尊(いざなみのみこと)とのつながりがどうも良く分からない(納得できない)でいたのですが、日曜日はこれまでの神社参拝モードと違って、気分転換だったので、いつもの参道を通らずに、周辺を散策してみました。

すると、三峯神社のもう一つの奥宮とも呼ばれる、御仮屋神社(HP)があったので、そこに参拝してみると、三峯本社にもないすごく強いエネルギーを感じました。説明看板を見ると、三峯の御眷属である「お犬様」=大口真神(お使い神、お犬さま)のお宮だとのこと。どうも、こちらの方が三峯の本来の姿のように感じて、本社の社務所で御影掛軸を見ると、そこに描かれているのは伊弉諾尊・伊弉册尊ではなく、御眷属のお犬様でした。

『日本の神々(白水社刊)』を調べてみても、犬神信仰が中心であると書かれており、どうも感じるところでは、元々犬神信仰の土地だったのだが、歴史が進むにつれて伊弉諾尊・伊弉册尊が後から付け足されたような、そんな感じです。

古来の信仰があった場所に、記紀神話の神々が後から祀られるというのは良くある話で、「富士の神々と浅間神社(リンク)」でも書いてますが、その場所の本来の姿を見ようとするなら、摂社、末社や旧社地などに注目することも必要です。

三峯神社に行く機会があれば、御仮屋神社にも立ち寄ってみてください。

御仮屋神社は遠宮と近宮の二社があるが、神社発行の地図に載っているのは遠宮の方で、近宮の場所は載っていません。近宮の方は社務所で聞かないと分かりにくい場所(興雲閣の裏手、鐘楼の横)にあります。行きかたとしては、職員の駐車場の横にあるので、職員の駐車場への行きかたを聞いたほうが分かりやすいと思います。

PS.
2004年は、三峯神社において、「創建1900年 月観道満山主入山500年記念事業(HP)」による修理修復を行っているので、随身門と本殿、拝殿は工事囲いに覆われており、本殿の参拝はできるが、本殿の絢爛な漆塗り装飾は今年の秋まで見られません。