霊感ゼロ?

霊感ゼロという人はいません。もし霊感がゼロだとすると、それはこの世には存在しないということです。
霊感は全ての人が持っているものですが、霊感のレベル(能力レベルと言ってもいい)は人によって様々です。
仮に霊感を数値化して0から100までとすると、少なくともみんな1以上の霊感を持っています。それは、「直感」とか「なにか気になる」とか「胸騒ぎ」などとい言葉で表現されています。
何が、違うのかというと、それらの感覚をちゃんと理解し、説明できるかどうかということで、ちゃんとそれが何なのかを説明できないと前記のような言葉を使うことになるわけです。
霊的な職業につく人は、いわばプロ野球の選手みたいなものなので、そちらの能力が高いわけですが、でもそれだけの話で、特殊な人間というわけではありません。イチローも野球を離れれば、普通の人間であるのと同じで、霊的な仕事をする人も、その仕事を離れれば普通の人間です。
霊感は誰しも持っているが、現世に生きる時のレベルは様々になります。
霊感を活用する鍵は、「知識」と「体験」なのです。現代社会では、この二つを獲得する機会が非常に少ないため、自分が持っている霊感を活用できなくなってしまっているのが現状です。
補足)
こちらの話も併せて読むとより理解できます。

人は生まれながらにしてチャネラーである
https://en-light.net/archives/1023

テキストのコピーはできません。