人は生まれながらにしてチャネラーである

チャネリングによるカウンセリングなどをしていると、チャネリングというのが特殊な能力であるかのようなことを言われるのですが、チャネリングというのは誰しもが持っている能力です。
私がカウンセリングする時の比喩として、料理の話があります。
大根を包丁で切るというのはだれでも出来ます。料理の基本ですね。
しかし、その先の料理として美味しいものに出来るかどうかの能力には一人一人に差があります。
チャネリングなどの能力についても同じで、基本的な資質ということでは誰でも持っています。
それをクライアントに提供できるレベル、料理で言えばプロの料理人になれるかどうかということになると誰しもではありません。
しかし、人はみな自分の人生をより良くするために、何らかの情報を得るという能力は誰しもが持っています。そういう意味では人はすべて生まれながらにしてチャネラーでもあります。
チャネリングというと、ガイド(守護霊、守護神など)の言葉をチャネラーが伝えるというパターンが多く、チャネリングとはそういうものだという認識を持っている人がおおいのですが、ガイドが情報を伝える方法というのは、もっと多様です。
人は五感+第六感を持っていますが、ガイドが情報を伝える時、五感+アルファをフルに使って情報を伝達します。なので、言葉によるガイダンスというのは、じつはかなり少数派に位置します。
ガイドが情報を伝える時は、五感のなかで、もっとも有用な手段を使うので、言葉以外の感覚を使うことの方が圧倒的に多いです。

テキストのコピーはできません。