神社を調べる時の参考書籍

ネット上のデータもずいぶん揃って来たのですが、詳しいことを調べようとすると、紙の本も必要になります。

日本の神々―神社と聖地― [全13巻]谷川健一編 白水社
http://www.hakusuisha.co.jp/collection/kamigami.php
13巻全部そろえると7万円近くするのですが、こちらにしか掲載されていない情報もあり、詳しく神社を調べるなら、定本とも言える本です。
現在新刊で手に入る全国の神社の資料としては「日本の神々」が一番でしょう。

神社辞典 <新装普及版> 白井永ニ・土岐昌訓編 東京堂出版
Amazonリンク
こちらは、コンパクトに1冊の中で神社の情報をまとめたものです。記述もコンパクトとは言え、必要なことが記載されています。

全国著名 神社名鑑 神社新報社
Amazonリンク
神社の御祭神・住所・電話・FAXを調べたい場合に便利で、約2,300社を収録しており、比較的小さな神社も掲載されています。

日本の神仏の辞典 大修館書店
Amazon リンク
神様に限らず、神仏をまとめてあるので、色々なことを調べるには良い本ですが、何分大きさも厚みもあるので、手軽さには欠けるのですが、これだけの情報量を掲載している本はなかなかないかと思います。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。