身体の健康と心の健康

放射線などによる身体の健康を気にするあまり、心の健康を害するようにならないようにすることが大切です。

一般論的には、身体の健康と心の健康を切り離して考えるところがありますが、スピリチュアルなヒーリングやカウンセリングを行っていると、ものごとは、

 心(精神) → エネルギー体であるオーラボディ → 身体

という順番になっていることがわかります。
心が関係しない怪我や病気の場合は、オーラボディに過去世の記録があり、ここから怪我や病気が形成されることがあります。
しかし、もっと多いのは、心(あるいは精神)が源になっている怪我や病気です。

心が不安定になると、その結果として身体を病んでしまうことになります。
なので、今回のような事態では、

(1)募金やボランティアなども含めて、被災地や被災者の為に自分にできることをする
(2)自分にできることをしたら、自分を大切にする
(3)マスメディアは、怖い情報をまず一番に取り上げるところがあり、安全・安心の情報は、なかなか流してくれない
(4)科学者や医者は、可能性や危険性がわずかでもあれば、それを指摘することが重要と考えていて、結果的に情報で市民を脅してしまっているところがある
(5)なので、ニュース漬けにならない

ということを知っておくことが必要ですね。

心を平安にすることは、免疫力を高めることにもなりますから、まずは自分が貢献できることを見つけて、それをしたら次は自分を大切にすることを考えてください。

また、心と身体は、オーラ体や身体から働きかけて、心をほぐすというやり方もあり、こういうときは、身体が緊張して強張っているので、ヒーリングやマッサージを受けて身体のエネルギーを調整してほぐすのも心を平安にする良い方法の一つです。

テキスト・画像のコピーはできません。