自力と他力

スピリチュアルな成長において、自力と他力の両方の力を使うことがスムーズな成長につながります。
Jirikitarikiここで言う自力と他力とは、

自力:自分の努力によって成長を図ること(瞑想)、あるいは自分の力でスピリチュアルなことを読み取ること(リーディング)

他力:自分ではない上位の存在の力によって成長を図ること(祈り)、あるいは自分以外の上位存在からスピリチュアルな事柄を教えてもらうこと(チャネリング)、また、自分以外上位のエネルギーを扱うこと(ヒーリング)

になります。

自力もしくは、他力だけで成長することもできますが、自力と他力を交互に扱う方がよりスムーズになります。この場合の交互に扱う周期は人によってさまざまで、瞬間瞬間で切り替わる人もいれば、数年という単位で切り替わる人もいます。

私の場合は、2~4年という単位で自力と他力が切り替わるようです。
これまでは、自力というリーディングがメインになっていましたが、これから先の成長においては、他力(祈り)がメインになりそうです。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。(対面は近日中に再開の予定)
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

6月は、新型コロナウィルス対策 遠隔ヒーリングと、夏至の遠隔ヒーリングおよび伊勢神宮代理参拝を行います。

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. Amano-Joke より:

    ああ、わかります。
    他力を最近、考えてます。

テキスト・画像のコピーはできません。