2012年、日本は敗戦からの復興の記憶を思い出すべき

2011年は様々なことがあり、そして2012年もまた色々なことがあると思います。そんなとき、これからくる危機への備えも大切ですが、その前に日本は敗戦から力強く復興してきた歴史があることを思い出すことが必要です。

敗戦時には、日本中の都市が爆撃で壊滅状態にあり、さらに広島・長崎という経験もしています。敗戦時には、それこそ何もありませんでした。

それにくらべれば、これから起きる金融危機等があったとしても、敗戦時のような何もないというまさにゼロからの復活ではなく、経済活動があり、人々の暮らしもあると言う「プラス」からの復活です。危機があったとしても、日本中の都市がガレキの山という壊滅状態になるわけではありません。そして、危機は永遠に続くわけではなく、かならず収束し終わるものです。

大切なのは、危機におびえることではなく、危機が来たら、それを乗り越えてどうやって復活するかを考えることです。

未来は我々の手の中にあります。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。