エステー エアカウンター

エステーのエアカウンターですが、アスマルでの抽選販売に応募して外れたのだけど、後日繰り上げ当選になったので、購入しました。

RADEX RD1503と比べると、少し厚み&重みがあります。
上記の写真は、手始めに自宅で測定してみたものですが、測定結果は、
RADEX RD1503:0.15μSv/h
エステー エアカウンター:0.07μSv/h
とかなり差があります。

これは、過去の記事(リンク)でも書いていますが、予想された結果であり、RADEX RD1503は、低線量下では、GM管の仕様から実際より高い値を表示してしまうという特性があります。なので、上記の数値は、エステーのエアカウンターの方が正しい数値とみておいた方が良いです。

商品のコンセプトとしては、
RADEX RD1503:線量が高いところを検出するとリアルタイムでアラームが鳴る機械(=被爆回避機器)
エステー エアカウンター:時間を掛けて線量を測る機械(=測定器)
という感じです。

RADEX RD1503は、低線量下では、アラームを鳴らす必要がないので、精度もそこそこ。
エステーのエアカウンターは、その名のとおり、線量を測ることを目的とした機械なので、比較的精度は良いけど、リアルタイムで線量が高いかどうかを知らせるアラーム機能はない。

なので、現時点で2万円以下の放射線測定機材としては、

フィールドの線量を測るのなら、エアカウンター。
リアルタイムの線量とか、高い線量の地域に近寄った時にアラームが鳴って、危険を知らせてくれるのがRADEX RD1503。

ということで、製品のそもそものコンセプト(測定器なのか、被曝回避機器なのか)に応じた使い方を考えた方が良いかと思います。

少なくとも、上記の二つの要素を兼ね備えたものとなると、DoseRAEとか、 Polimasterなど、数万円から数万円後半のものになります。

【補足】
エアカウンターの記事(他の測定器との比較記事を含む)としては、こちらの記事がお勧めです。
この記事で出てくる、SOEKS-01Mですが、GM管はRADEX RD1503と同じSBM-20なので、概ね同じような数値を出します。

エアカウンターの測定実験
http://sakai4.blogspot.com/p/blog-page_14.html


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

コメント

  1. ひめ より:

    こんにちは
    エアーカウンター当たったんですね
    商品データも参考になりました[E:flair]
    私はまた次回に挑戦します。
     

テキストのコピーはできません。