秩父 新木鉱泉

先日、秩父の新木鉱泉に行ってきました。

新木鉱泉は、秩父七湯にも数えられ、その筆頭になります。以下はWikipediaによる。

新木の湯 (新木鉱泉)
鳩の湯 (鳩の湯温泉)
柴原の湯 (柴原温泉)
千鹿谷の湯 (千鹿谷鉱泉)
鹿の湯 (白久温泉)
梁場の湯 (現存せず)
大指の湯 (現存せず)

鉱泉という名称を使っていますが、温泉とは少しだけ違っています。温泉は湧出した時点で、25℃以上あれば温泉と名乗ることができますが、25℃未満だと鉱泉となります。

鉱泉でも満願の湯(リンク)のように、良いお湯になるところもあるので、温度だけでは決められないです。

お湯に入ってみると、良い感じの泉質だと感じられます。評判が良いのも納得です。

ところが、しばらく入っていると、違和感が出て来ます。

そのまま入っていると、どうにも出たくなります。
結局10分ほどで出て来ました。

どうやら、泉質とは別で、霊的なエネルギーに問題があるようですが、詳しくはここでは書きません。

そんなこんながあって、結局満願の湯に入りなおしました。

満願の湯と新木鉱泉を比較すると、やはり満願の湯の方が圧倒的に良いです。

霊的な事を別にすれば、新木鉱泉も良いお湯だと思います。
しかし霊的な事を踏まえると、新木鉱泉は残念ながらお勧めはできません。

スケジュール

●スピリチュアル・カウンセリング

7月20日(土)
7月21日(日)
13:00 – 18:00 溜池山王

7月22日(月)
11:00 – 19:00 錦糸町

詳細はこちらから(リンク

テキストのコピーはできません。