願望実現の基本の書を、七回読み返す理由

こちらの本を現在読んでいますが、

「世界はどうしたって、あなたの意のまま」という本を読んでいます。 この本は少なくとも、七回以上読み返す予定でいます...

少なくとも七回は読み返すつもりでいます。

でもなぜ、七回も読み返すのか?

それを説明するのに、斎藤一人さんの「幸福力」という本から引用します。

>引用ここから<

「すばらしい」と思ううちはできない

「いい本だな」と思うということは、「いい本だ、ここに書いてあることはすばらしい」と、脳が初めて受け入れたから、そう思うわけです。
人間、昔から知っていることが本に書いてあっても、「すばらしい」とは思わないでしょう。ということは、脳が「すばらしい」と思っているうちは、実は、できないんです。

 1回目読むと「すごいな」と思う。
 2回目には「そうだよな」と思う。
 3回目には「そのとおりだ」と思い、
 4回目は「そうなんだよ」と。
 5回目になると「これはこのとおりだよ」。
 6回目には「あたりまえじゃないか」。
 そして、7回目になると「おれは昔からこういう考えなんだよ」というふうに、脳が、「あたりまえ」になってきちゃうんです。

 脳でこなされたとき、自然と、そういう行動ができるんです。

>引用ここまで<

つまり、1回読んだだけでは、身に着かない。
7回読むと本に書かれていることが、身に着くということです。

なので、少なくとも7回読むことにしています。

上記の本は、それだけの回数読むに値するから、7回読む事にしています。

「世界はどうしたって、あなたの意のまま」という本に書いている通りのことが、そのままできれば、あなたは経済的、身体的、精神的に自由になれます。

原文のサイト:

「世界はどうしたって、あなたの意のまま」英文:At Your Commandのネビル・ゴダートのWebサイトを見つけました。英文ですが、「世界はどうしたって、あなたの意のまま」の原文が掲載されています。

こちらになります。

http://www.atyourcommand.org/

参考文献
 書名:幸福力
 著者:斎藤 一人
 出版社: マキノ出版
 ISBN-10: 4837671292
 ISBN-13: 978-4837671299

テキストのコピーはできません。