カウンセリング・シート

スピリチュアル・カウンセリングでは、来られたクライアントさんにカウンセリング・シートの記入をお願いしています。

このシートは、カウンセリングが終われば、クライアントさんにお渡ししているので、私の手元には残りません。

読んでません!?

こちらの情報を書いて頂いているので、字画や誕生日、誕生地や住所を見て判断していると思われることがあるのですが、そうではありません。

確かに、こちらの情報を観てカウンセリングを始めるのですが、ここに書かれた文字は読んでません。

なぜ読んでないのか?
読んでない理由を説明します。

ハイヤーセルフ

人は「肉体:Body」と「精神:Mind」と「魂:Spirit」の三つの要素から成り立っています。その中で最も根源的なのが「魂」です。この「魂」は色々な呼ばれ方がされており、魂・本質・根源・ハイヤーセルフなどとも呼ばれます。

ここでは、説明のためにハイヤーセルフと呼ぶことにします。

ハイヤーセルフは、人が通常は見ることが出来ない、エネルギー領域に存在します。

そして、「肉体」と「精神」を生み出す元になっています。

このハイヤーセルフは、エネルギー領域にあるので、物質的には見ることができません。そのため、エネルギーのバイブレーションで見つけることが必要になります。

バイブレーション

カウンセリング・シートに、その人を特定できる情報を書いて頂くと、シートが特有のバイブレーションを持つようになります。

このバイブレーションは、書いた人固有のものになります。このバイブレーションを足掛かりにして、クライアントさんのハイヤーセルフを見つけ出すことができます。

ハイヤーセルフは、人の数だけありますから、カウンセリングに来られた人を特定できるデータを書いていただいて、そのバイブレーションから、ハイヤーセルフを見つけるようにしています。

ハイヤーセルフに書かれていること

ハイヤーセルフには、過去生の歴史、ブループリントとも呼ばれる生まれる前に決めたことや今生のテーマ、またこれから起きるであろうことなど、様々な情報が書かれています。

カウンセリングではそれらの中から、カウンセリングでお伝えすべき必要な情報が見えてきますので、それらをお伝えしています。

テキストのコピーはできません。