本当の姿を伝えること

カウンセリングを行うことの意味について、書いてみたいと思います。
基本的には過去生との関係性から来ています。
時期としては、3万年ほど前の話になります。
(ここで言う3万年というのは我々が使っているタイムスケールなので、地質学的なスケールとは合わないところがありますが、いずれは地球上には何度も人類が生息していることが分かるようになれば理解されてくると思います。)
そのころ、政治家と絡んで情報操作をしていたようです。
情報操作といってもかなり手の込んだ方法を使っており、通常レベルでは情報操作をしているとは解らないレベルのものです。その情報操作が原因で、世の中の人々は本当のことが何か分からないまま、間違った方向に進んで、街が荒廃することとなったのですが、それに気がついた時はもう手遅れのような事態になっていました。 ・・・どこか遠くから”騙された!”という声が聞こえてきます。
そして、その時の自らの間違いを正し、本当の姿を伝えるために、ここにいます。
昔から、物事の本当の姿・本質、その人の本当の姿が何なのかということに随分と興味を持っていたのですが、それも上記のことが見えてくると納得できます。
今やっていることも、この世界の本当の姿を伝えること(人間は物質のみの存在ではない)、その人が、魂のレベルで本来の道を進むことを手助けすること。要約すればこの二つのことです。これは、昔情報操作をして隠していたことの裏返しになります。
「世界の本当の姿を伝えて、人々が魂の声に沿って生きることを手助けすること。」
このことは、これまでやってきた仕事を振り返ってみると、いつもどこかに原点として存在していました。
これからも、できるだけ沢山の人が、自分の魂の声に沿って生きてゆくことができるよう、手助けをしてゆきたいと思います。