Void(ヴォイド)期の前後でどう変わるか

現在ヴォイド期に入っていますが、きっちり冬至で変わる人もいれば、前倒し・後倒しで出てくる人もいます。なので、冬至(12/21)は一つの目安として考えておいてください。

そして、どう変化するのかというと、大きく分けると3パターンに分かれます。

(1)前後ですっかり変わる
前後で、場所が変わってしまったり、内容が変わってしまったりと、前後ですっかり変わってしまうパターンです。
このパターンでは、これまでとこれからでは、まるで違う人生を歩いているように思えるくらいの変化になります。

(2)部分的に変わる
「場所のみ変わって、内容は変わらない」とか、「内容が変わるが、場所は変わらない」など、部分的な変化になるパターンです。
この場合は、引っ越しや転社など、これまでの流れをいったん止めて違う流れに入ることになります。

(3)やり方が変わる
このパターンでは、場所も内容もそのままで、やり方が変わるというものです。この場合は、外から見れば何も変わっていないかのように見えますが、やっている本人の意識は大きく変化します。

私自身では、おそらく(2)+(3)といったパターンになる感じがしています。3つのパターンはあくまでも説明のための分類なので、ミックスで現れる人もいます。

スムーズに変わるには?
パターン(2)とパターン(3)において、特に大切なのは、過去の成功体験にとらわれないことです。これまでと、これからが変化するので、過去にうまくいった方法が、全く使えないこともあります。そういう場合は、過去の成功体験を引きずっていくと、精神的にかなり苦しい状況を呼び込んでしまいます。
ここでいう「とらわれない」というのは、忘れろということではありません。過去の体験の中には、これから先、役に立つもの、役に立たないもの、の両方が含まれているので、単純に過去うまくいったから、これからも上手くいくはずという思い込みではなく、これから先に、使える方法と使えない方法のどちらになるのか、それをきちんと見極めて進むことが大切です。

(参考)

Void(ヴォイド)期に入っています
http://oyashima.way-nifty.com/blog/2012/11/void-d5d5.html

コメント

  1. はぁぷ より:

    変わるのは、「内容」「場所」「やり方」ですか[E:note]
    混沌とした時期、分けわからなくなっている中、整理できます。
    ありがとうございます。
    すべての人に良き変化ですね[E:happy01]

テキスト・画像のコピーはできません。