デジタルカメラは消耗品です

デジタルカメラを買う時に、注意しないといけないことがあります。

カメラを買ったら、ずっとそれを使い続けられると思っているなら、間違いです。

デジタルカメラは消耗品です。

フィルムカメラの頃は、カメラを買うと、10年とか20年使うことができました。フィルムが進歩すると進歩したフィルムを使うことで、カメラの性能も上がることができました。

ところが、デジタルの時代になると、その常識が通用しません。

デジタルカメラの映像は、撮像素子で撮影するものですが、撮像素子は交換できません。

つまり、撮影できる画質は、買ったカメラに付属している撮像素子次第になります。
なので、時代が進んでも撮像素子を変えられないということは、古いカメラのままになってしまうということです。

新しいデジタルカメラと古いデジタルカメラでは、画質も何もかもが違ってくることになります。

なので、デジタルカメラは消耗品なのです。

良い画質で写真を撮りたければ、新しいデジタルカメラに買い替える必要があります。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。