デジタルカメラは消耗品です

デジタルカメラを買う時に、注意しないといけないことがあります。

カメラを買ったら、ずっとそれを使い続けられると思っているなら、間違いです。

デジタルカメラは消耗品です。

フィルムカメラの頃は、カメラを買うと、10年とか20年使うことができました。フィルムが進歩すると進歩したフィルムを使うことで、カメラの性能も上がることができました。

ところが、デジタルの時代になると、その常識が通用しません。

デジタルカメラの映像は、撮像素子で撮影するものですが、撮像素子は交換できません。

つまり、撮影できる画質は、買ったカメラに付属している撮像素子次第になります。
なので、時代が進んでも撮像素子を変えられないということは、古いカメラのままになってしまうということです。

新しいデジタルカメラと古いデジタルカメラでは、画質も何もかもが違ってくることになります。

なので、デジタルカメラは消耗品なのです。

良い画質で写真を撮りたければ、新しいデジタルカメラに買い替える必要があります。

テキストのコピーはできません。