無駄なことをする

効率的であることが良しとされている現代社会ですが、効率を追求することが創造性を失うことにつながります。

新しいモノ、新しい表現、新しいコトを生み出すということは、同時にたくさんの失敗をも生み出すということです。つまり、効率的ではないということです。

効率的に行うことが出来るのは、新しくないこと、毎日行っていること、何度も作っているものです。これらは、経験が積み重なっていくので、それによって効率を追求することが可能になります。

しかし、新しいものは、経験が積み重なっておらず、どういう方向に進めばわからないので、試行錯誤が必要になり、効率的ではありません。

スピリチュアルな成長においても、同じです。

セミナーの問い合わせなどにおいて、「どうすれば効率的に学べますか?」という質問があるのですが、新しいことを学ぶときに効率的に学べるときと、学べないときがあります。

義務教育のカリキュラムのように、これまで何年も続いており、たくさんの人たちが学んでいるものは、経験値があるので、効率というものを追求することは可能です。

一方で、スピリチュアルな学びの場合、すべての人に共通のカリキュラムを作ることはできません。一人一人の個性に合わせた学び(つまり、毎回新しい)をすることになります。そのため、効率を求めていくと、十分な学びにはなりません。

無駄なことをすることで、物事の全体像が見えることがよくあります。全体像を掴むには、自分とは関係のないこと、つまり無駄に見えることにも視点を広げたり、一度それをトライしてみるということが必要になります。

新しいことにおいては、無駄に見えたことを取り込むのが、結局は効率的であるということです。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

5月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。