神を知るということ

神を知るということは、次のように段階を踏むこと。

『神を知らず』
『神と出会い』
『神であるを知る』

神を知らず ・・・ 神が存在するのかどうかも分からない

神と出会い ・・・ 神が存在することを知る

神であるを知る ・・・ 自らが神であり、全ては自分(ワンネス)であることを知る

このようなプロセスを進むことになります。
初めは「神を知らず」なので、神が存在するのかどうかも分からない状態になります。
そして「神と出会う」ことで、神が存在することを知ります。

さらに、自らが創造主でありながら、もう一方で、分離された人間であるということを体験します。

テキストのコピーはできません。