2018年と並ぶ酷暑の夏に [8/23更新]

※8/23 グラフを更新しました

暑い日が続きますが、昨年より暑いように思えたので、気象庁の最高気温のデータで比較してみました。観測地点は、東京・北の丸公園です。

青い線が2019年、赤い線が2020年です。

8月初めは昨年の方が高いですが、8月10日以降は今年の方が気温が高く、11日は37.3度、15日16日は昨年より+3.5度以上高く、20日は+3.7度、22日に至っては+5.7度なので、かなり暑く感じますね。

今年はコロナ対策でマスク着用になり、さらに体感温度は高いので、熱中症には十分気を付ける必要があります。

最高気温の1位から10位までがこちら。
観測日が最近の方を上位にしています。

順位 都道府県 観測地点 観測日
1 静岡県 浜松 41.1 2020年8月17日
1 埼玉県 熊谷 41.1 2018年7月23日
3 岐阜県 美濃 41 2018年8月8日
3 岐阜県 金山 41 2018年8月6日
3 高知県 江川崎 41 2013年8月12日
6 静岡県 天竜 40.9 2020年8月16日
6 岐阜県 多治見 40.9 2007年8月16日
8 新潟県 中条 40.8 2018年8月23日
8 東京都 青梅 40.8 2018年7月23日
8 山形県 山形 40.8 1933年7月25日

2018年のデータが多いことから分かる通り、2018年夏は酷暑でした。今年の暑さがこのまま推移すると2018年と並ぶ酷暑の夏になりますね。

【データ】

気象庁|過去の気象データ検索
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/index.php

気象庁|歴代全国ランキング|通年
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/rankall.php?prec_no=&block_no=

テキスト・画像のコピーはできません。