観測史上初のトリック

大きな災害があると、気象庁が観測史上初と言う言葉をよく使いますが、日本の気象観測は明治から始まっているのでせいぜい140年ほどの歴史しかありません。

日本人が明らかな足跡を残している石器時代から縄文時代は、今から約1万5千年前になるので、140年というのは日本の長い歴史の中のたった0.9%ほどの期間です。

かつて日本列島は、大きな気候変動があったことが知られていますが、それらについては観測データがないため、観測史の中に含まれていません。ですから、観測史上というのは、わずか140年ほどの期間で言っているだけなので、毎年のように観測史上初という言葉が聞かれるわけです。

観測史上初という言葉を聞いたなら、謙虚に気象について私たちが知っていることがどれほど少ないのかを想い出すことが大切です。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。