将来が苦しみを生み出すとき

将来というのは、想像でしかありません。その想像が人生を良くすることもありますが、今という現実から目をそらすために未来を想像(あるいは夢想)していることがあります。

今の状況を否定するという判断をして、将来は良くなると思い込んでいるだけで行動が伴わない時、その判断は苦しみを生み出します。

今という現実を受け入れるためには、判断を止めて、在りのままをただ見つめることが必要です。
見つめ続けて、在りのままを受け入れたとき、苦しみは消滅します。

テキスト・画像のコピーはできません。