憑きやすい人

憑きやすい人という言葉がありますが、この言葉を言われた場合は注意が必要です。

現象を言っているだけ

憑きやすいというのは、現象を言っているだけで、原因などについては何も言ってません。ましてや対策などに関する情報は皆無です。

スピリチュアルに関する正確な知識がないと、「私って憑きやすい」となって不安になることが多いです。

正確には、「憑きやすい人」というのは、様々な理由で「断ち切ることが難しい人」のことで、そういう人が憑きやすいという言われ方をされることになります。

霊能者やアマチュアの見える人たちの場合、そういう背景を知らずに現象だけ見て、憑きやすいと言ってる場合も良くあるので、注意が必要です。

普通の人間関係で考えてみる

霊的な存在も、以前は人間だったりすることの方が多いので、普通の人間関係で考えてみます。

人間関係を(意識的にせよ、無意識的にせよ)とても重視している人の場合、ある人との縁を断ち切るということが大変難しいというケースが良くあります。
断ち切りたいとは思うけど、向こうから声が掛かるとつい応じてしまうという人の場合です。

相手の人が良い人ならばそれも良いのですが、相手の人が悪意を持っていたり、よからぬ考えを持っているような場合で、その人との縁を断ち切れない場合は、その人に付きまとわれることになることがあります。

それでも、人との関係を大切にしすぎている場合は、断ち切れません。

この相手が、肉体を持っていない霊的な存在である場合、憑きやすい人になってしまうことになります。

肉体を持っているどうかに関わらず

つまり、「憑きやすい人」というのは、「相手との関係を断ち切れない人」ということです。

その場合、相手が肉体を持っている人間であるか、肉体を持たない霊的な存在であるかどうかは、関係がありません。

相手が、良い存在なのか、そうでないのかも、関係がありません。
悪い人たちとの縁を断ち切れないという人は世の中に沢山います。

憑きやすい人に起きているのは、そういった霊的な存在に付きまとわれるということです。

自分にとって、付き合う必要がない存在とは、すっぱりと縁を切るという意識を保ち続けることが、憑きやすい人から脱却するためには必要なことです。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。