聖なる帰還

エゴの動因は、(1)気持ち良くなること と (2)存続 の二つです。

今回は、エゴの動因である「気持ち良くなること」について:

気持ち良くなるというのは、嬉しいとか美味しいとか幸せを感じるといったことですが、これらが人間の深いところからのものと、エゴがそうさせているのとは、非常に良く似ています。なので、深く見ておかないと、気持ちい良いことを追及することは、エゴがそのまま居座ってしまうことになりかねません。

また、気持ち良くなるというのは、表面的な現象としてはまったく真逆のことがあります。自虐的というのは、一見すると気持ち良くない方向に進んでいるかのように思えますが、自虐的になるのは、自分を痛めつけることで、社会の中での居場所を確保したり、それ以上悪いことが起きなくなるという安心という気持ち良さを求めていることもあります。

宗教的な方法で行われている修行が厳しいものであるというのは、気持ち良くなるということの反対に向かって進むことがエゴを消失させるためには必要であるということから来ています。

私の7月の修行期間においても、秩父霊場・奥多摩御岳山・関東不動霊場を、わざわざ夏の暑い時期に巡るというのは、気持ちいいこととは正反対のことです。楽しく巡るのであれば、秋の紅葉シーズンにでも巡るほうが断然いいわけです。しかし、その時期に巡るというのは、自分の自我(エゴ)ではなく、もっと深い部分の声がその時期に巡る必要があると言っていたから、仕事を休んでまでして行って来たわけです。

エゴを消失させるために必要な行為は、楽ではなく、楽しいことでもありません。そして、その結果がすぐに表れるという保障もありません。しかし深い部分の声がそれを求めているから行くのです。

エゴを消失させていくことは、元居た世界に戻ることであり、私はそれを「聖なる帰還」と呼んでいます。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク

テキストのコピーはできません。