この世界は、誰の意識の反映なのか?

スピリチュアルでよく言われるのが、
①「この世界は、私の意識の反映である。」

また、こういう言い方がされることもあります。
②「この世界は、私と私以外(神や他人など)の意識の反映である。」

この二つ文章は一見すると、相容れないように見えます。
私の反映なのか、私と私以外の反映なのか?

答えを先に言えば、どちらも正しいです。

ただし、これを言っている時のそれぞれの立ち位置は違っています。

①「この世界は、私の意識の反映である。」
これを言っている場合は、
この世界は一つである。私以外には存在しない。
が基本になっています。
ワンネスという言葉で表現することもあります。

②「この世界は、私と私以外の意識の反映である。」
こちらを言っている場合は、
この世界は私と私以外が存在する。
が基本になっています。
分離体験という言葉で表現することもあります。

“ただある”という悟りは、①になり、
“人と神の関係”、すなわち私と私以外の関係は②になります。

この立ち位置の違う二つを混ぜてしまうと、理解ができなくなります。

どちらも、同じものを見ているのですが、
“ワンネス”の立場で語るのか
あるいは
“分離体験”の立場で語るのか
が違っています。

だから、どちらも正しいのであって、どちらかが間違っているという事はありません。
それを言っている時の立ち位置が異なっているだけです。

混ぜるのではなく、それぞれ独立したものとして見る必要があります。

例えて言うなら、

一輪の花を見るときに、
(1)高い位置から見て、すべては一つである
というのか、
(2) 花を手に取って、私が花を持っている
というのかの違いです。

どちらも花を見ているのだけど、立ち位置が異なるため、違う風景として見えてきます。


この記事を書いた人について[9/6更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
Zoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/3017

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。
https://en-light.net/archives/38965

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキスト・画像のコピーはできません。