五月のコロナ対策と新月/日食の遠隔ヒーリング [4/27更新]

今回の遠隔ヒーリングの背景

5月1日(日)は新月、旧暦の卯月朔日になります。

そして部分日食(JST 5月1日 05:40)があります。
部分日食は、日本では見られず。日本からはちょうど地球の反対側の南米、南極地方で見られます。
日食は、太陽と月と地球が一直線に並ぶ天体現象で、ホロスコープ的には強力な天体配置になります。

新月と部分日食のエネルギーは、浄化と新しく生み出すエネルギーになります。

このエネルギーを使って、より強力なコロナ対策遠隔ヒーリングを行います。

内容

実施する内容としては、

(1)心身の浄化
コロナ疲れや海外からの情報などによる心の疲れ、外出自粛などから来る体力低下と心の疲れから来る身体的な影響を浄化することで癒します。

(2)コロナの防御
感染しないための防御、感染しても症状が抑えられる免疫力の強化、感染後の回復。
また、ワクチンの副反応の軽減も行います。

(3)創造的な活動への後押し
創造的な活動は、経済的余裕を生み出すには不可欠です。創造的な活動を行えるように先月の
上昇するスパイラルというボルテックスをさらに後押しします。

以上三つの内容で行います。

家族の参加について

家族の場合、以下の事柄を踏まえて参加をお願いします。

遠隔ヒーリングは基本として、受け取る意志(自覚)が必要です。
本人の受け取る意志がないと遠隔のエネルギーが届かなくなります。

病気や怪我などで意識の無い人向けの特殊な遠隔ヒーリングもありますが、今回の遠隔ヒーリングでは受け取る意志を前提としています。

日時

5月1日(日) 21:00-21:30

参加費用

ドネーションとなります。
経済的に苦しく、お支払いが難しい方は、お支払いなしで構いません。

お支払い出来る方は、お支払いをお願いします。
金額はお支払いする方がご自身で決めて下さい。
振込先については、終了後にメールでお知らせします。

注意

新型コロナウイルスに感染するかどうかは、参加された方の対応/行動や状況によって異なりますので、遠隔ヒーリングは完全な感染防止を保証するものではありません。

参加申し込み

以下の参加フォームからお申込み下さい。
申込期限は、4月29日(金)18:00です。


この記事を書いた人について[1/25更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/archives/44006#i

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。 メールマガジン:リンク

テキストのコピーはできません。