夏越しの大祓

今日は6月30日、一年も半分が過ぎました。
半年の間に溜まった心身の穢を祓い清めるための神事を大祓と言い、各地の神社で、6月30日(夏越しの大祓)と12月31日(年越の大祓)の年二回行われます。

東京の日枝神社では、大祓の茅の輪が設置されて、茅の輪くぐりが出来るようになっています。

IMG_1760

奈良の石上神宮では、大祓の神事において、御神剣の先導で参拝者が列を作って茅の輪くぐりが行われます。

IMG_0900

その際に、御神剣の前の先導の神職さんがマイクで以下のフレーズを斉唱するので、参列者もそれに合わせて斉唱します。

IMG_0886

水無月の 夏越の祓 する人は
みなづきの なごしのはらへ するひとは

千歳の命 延ぶといふなり
ちとせのいのち のぶというなり

IMG_0908

良い声の神職さんで、とても風情があり、半年が過ぎたのだなぁと感じさせてくれます。

テキストのコピーはできません。