魂は傷つかない (11/4更新)

私たちの本来の姿は、肉体ではありません。

私たちの本来の本質は、大いなる源である『源泉』が創造した肉体を持たない存在である「魂」です。

『源泉』は、「神」「遍在する神」「仏」とか、「大いなる存在」「全ては一つ」「ワンネス」など、様々な呼び方で呼ばれます。

そもそも元を辿れば、肉体を持たない存在ですが、人間として「肉体」という形を取ることによって可能となることを体験するために、人として地球に存在しています。

「源泉」「魂」「知識と思考(精神とも言う)」「肉体(と行動)」の関係を図示すると、以下のようになります。

Fig01

「魂」は、ワンネスである「源泉」から生み出されたものであり、これは変化しません。変化しないから傷つくことはありません。ここに刻印されているのは、生まれつきの個性であり、これは死ぬまで変化しない個性です。

この魂から、知識を得たり思考する存在「知識・思考」が生成されます。こちらは知識と経験を得て思考を行うものであり、思考が存在するので死ぬまで変化し続けます。変化するから、様々な様相を見せるのであり、様々な感情もここにあります。自分の心が傷ついた様に感じているのはこの部分です。たとえ傷ついたとしても、変化するのが基本なので、いずれその傷は癒されます。

魂が傷つくということを言う人がいますが、その人は、「魂」と「知識・思考」を一体のものと考えているようです。しかし実際には、「魂」はワンネスに属するものであり、「知識・思考」は分離に属するものなので、本来的に異なる存在です。


この記事を書いた人について[9/5更新]:

プロフィール
ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルを正確に説明します。 これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。 さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

スピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。
https://en-light.net/remote-counseling

遠隔ヒーリング
・春分、夏至、秋分、冬至・ 二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。
https://en-light.net/solstices-and-equinoxes
詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。

メールマガジン
メールマガジンを発行しています。リンク