人工知能を知る為の本二冊

グーグルが買収したディープマインド社が開発した囲碁ソフトのアルファ碁が、世界最強棋士とされる中国の柯潔九段に三戦全勝し、囲碁において人工知能(AI:Artificial Intelligence)が人間を超える実力を持つことが証明されました。

公式ブログの記事はこちら。
Google Japan Blog
アルファ碁、次の一手(リンク

既に人工知能はGoogleの検索や翻訳などで使われ始めており、「人工知能とはどんなものなのか?」というのは、これからの時代の必須知識の一つになりました。

□■□

人工知能は一つのシステムとして捉える必要があるので、ネット上の情報だけ見ているのでは、十分な理解ができません。そのため、この本を買って読みました。

書名:人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか? ――― 最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
著者:山本 一成
出版社: ダイヤモンド社
ISBN-10: 4478102546
ISBN-13: 978-4478102541
発売日: 2017/5/11
価格:¥1,620
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4478102546/

この本は、将棋の人工知能ソフトおいて、最強とされるポナンザを開発した山本さんが、人工知能とはどんなものなのかを一般向けに解説した最新の本です。判りやすく書かれており数時間で読める内容なので、ひとまず人工知能とは何かを知りたい人にお勧めです。

□■□

私の場合元ITエンジニアということもあり、もっと詳しく知りたいと思ったので、次にこちらの本を買って読んでいるところです。コンピューターのシステムの開発をしているエンジニアにはおなじみのオライリーの本です。

書名:ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
著者:斎藤 康毅
価格:¥ 3,672
出版社: オライリージャパン
ISBN-10: 4873117585
ISBN-13: 978-4873117584
発売日: 2016/9/24
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4873117585/

こちらの本は、プログラミングの知識と経験がある人向けに、人工知能の鍵であるディープラーニングをゼロから実装するための解説本です。
そのため、プログラミングの知識と経験が無いと書いてあることは全く理解できません。ご注意あれ。
買う時は、必ず書店で立ち読みして内容を理解できるかどうか確認してください。

ディープラーニングを理解するにはプログラミングの知識と経験の上に数学的な知識も必要になりますが、それらのことについて分りやすく解説しているので、人工知能の中身がどう動いているのかを理解する上でとても参考になります。