皇居勤労奉仕団

勤労奉仕団の取りまとめをされている先輩から、先日急に参加要請があり、今日と明日は皇居勤労奉仕団に参加しています。基本的には、4日間の奉仕なのですが、私は今日と明日の二日間のみです。
勤労奉仕団といっても、基本的には、皇居内の清掃が主な役割ですが、運がよければ、宮殿周辺など普通では入れない場所の清掃を担当します。
皇居は、いろいろな風水師によっても、日本で一番気の良い場所だと言われますが、実際にその場に立ってみると、すごく気がいい場所であることが実感できます。
今日は、皇居の宮殿の中庭に入ることができました。普通ではなかなか入れない場所で、宮殿には、陛下の執務室もありますが、そのあたり一体はとても気のいい場所で、これほどの場所は初めてです。
そして、今日は両陛下のにご会釈がある日で、午後は雨が強くなったので、清掃は中止となり、二時からご会釈となりました。ちなみに、昨日は皇太子殿下のご会釈があったようです。
宮内庁のスケジュールにもよるので、かならずご会釈があるというわけではなく、運が良いとご会釈があります。
皇居内の蓮池参集所で、ご会釈となりました。
自分の仕事柄もあり、ニュートラルな立場で、両陛下については見ていましたが、やはり常人とは違います。
まさに「別格」です。普通の人と比べるのが失礼なくらいです。
天皇には天皇霊がついているとも言われますが、実際に対面すると、普通とは違うレベルを感じ、天皇霊とはこういうものかと実感した一日でした。
《用語》
ご会釈(ごえしゃく) 天皇・皇后が非公式にお会いになること
宮内庁ホームページより引用
勤労奉仕の手続要領については、宮内庁のこちらのページを参照してください。
http://www.kunaicho.go.jp/14/d14-02.html

テキストのコピーはできません。