科学は人を幸せにするのか?

科学が人を幸せにするのではありません。

人が科学の成果を快く思う時、幸せになります。科学の成果を快く思わない時、幸せではなくなります。

最近の例では、福島原発があります。

福島の原発が、地域を豊かにするというとき、人は科学の成果を快く思います。しかし、福島の原発が、地域の生活を破壊するとき、人は科学の成果を快く思いません。

科学の成果が人を幸せにするのではなく、科学の成果を人々が快く思う時に、人は幸せになり、そうでないときは幸せになりません。

つまり、人が幸せになるのかどうかは、科学の成果ではありません。

幸せというのは、人々の心のなかにあります。

テキストのコピーはできません。