2008年の節分・恵方は、南南東ではありません

※2018年の恵方(穴八幡宮の一陽来復御守)の記事は、こちら→(リンク

コンビニの恵方巻きの営業活動のせいもあって、2008年の恵方については、
「今年の恵方は、南南東」
と言われていますが、これは正確ではありません。
正しくは、「南微東」になります。
これは方位の取り方の違いから来るのですが、我々が一般的に使っている方位は、16等分になりますが、恵方を定義する考え方では、方位を二十四等分したものを使っています。二十四方位で定義される方位を、無理やり16等分に当てはめしているため、このような違いが起こります。
なので、正確には、「南微東」になります。
具体的な角度で図を描いておきました。

恵方
分かりやすくするために、南から東への角度で表記しています。
コンパスがある人は、当日この図をプリントして真ん中にコンパスを置いて、角度を調整すると良いです。


この記事を書いた人について(1/28更新):

●プロフィール

ITコンサル・エンジニア出身で、スピリチュアルのロジカルな説明を得意とします。
これまで2000社以上の神社を参拝し、神様とお話してきました。守護霊・守護神と呼ばれるスピリットガイドから沢山のサポートを頂いています。
さらに詳しい説明はリンクを参照してください。

●スピリチュアル・カウンセリング

対面(溜池山王)およびZoomでのスピリチュアル・カウンセリングを行っています。
クライアントさんの魂の深い部分まで観て、カウンセリングを行っていますので、短期的な事から長期的な事まで対応できます。

概要
●Zoomによる遠隔カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、現在オンライン通話システムのZoom…

カウンセリングスケジュールは、ブログトップ記事に掲載しています。

5月 Zoomスピリチュアル・カウンセリング
スピリチュアル・カウンセリングは、オンライン通話システムのZoomに…

●遠隔ヒーリング

・春分、夏至、秋分、冬至・
二至二分(春分、夏至、秋分、冬至)の遠隔ヒーリングを行っています。二至二分の日は、空と地上の空間が近くなり、ヒーリングのエネルギーが届きやすくなり、霊的な成長にもつながるので、年4回行っています。

遠隔ヒーリング・セッションを毎年、春分/夏至/秋分/冬至の日前後三日間で実施しています。
遠隔ヒーリング・セッショ…

詳しい内容は、日程が近くなったらブログに掲載します。
ブログ:リンク

●メールマガジン

ブログの更新やブログ記事の背景・意味合いなどをお伝えするメールマガジンを発行しています。
メールマガジン:リンク

コメント

  1. 照蓮 より:

    去年、こちらの記事を読んだ後、東京へ行く用事があったので、一陽来復の御札を頂いて家に貼りました。
    おかげさまで、お金に困ることなく1年が過せたねと家人とともに喜んでいましたが、御札を貼った方角が、なんと今年の恵方でした!
    これまたこちらの記事を読んで気づいたのです…。
    あんなに考えて貼ったはずなのに~。
    大笑いしましたが、我が家を守りに来てくださった神さま方には申し訳なかったですね~。
    今年は東京に行く用事はないから、いただけないと思っていましたが、ぎりぎり節分前に行けそうです。
    今年こそは間違えません(笑)

  2. 八雲 より:

    照蓮さん
    明日は節分ですが、間に合いましたでしょうか?
    穴八幡のお守りはパワーがあるので、多少の間違いは大丈夫ですよ。
    今回は、恵方が分かりやすいように図を作ったので、コンパス片手にチェックしてみて下さい。
    ただし、鉄筋コンクリートの家とか鉄骨の大きなものが近くにあると磁石が正確な北を示さないので注意が必要です。

  3. 照蓮 より:

    多少の間違いなら大丈夫なんですね。
    ありがとうございます。
    お蔭さまで今年もいただくことができました。
    しかし、うっかりして夜中の12時にはバスの中でした。
    初めは新幹線で帰る予定だったので、貼れるはずだったのですけどね…。
    早朝に名古屋に着いたので、
    日の出が新年日の出が新年と心で唱えながら貼りました。
    押して知るべし、私の1年。
    方角はバッチリです!
    ありがとうございました(^^)
    ということで、名古屋からバスで上京するという技を覚えたので、
    いくつかのワークショップやセミナーに伺えると思います。
    よろしくお願いします!

  4. 八雲 より:

    照蓮さん
    名古屋からだと東京にバスで日帰りも可能ですね。
    滞在時間が短いですが・・・

テキスト・画像のコピーはできません。